編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

インテルが2事業部門を新設--アクセラレーテッドコンピューティングとソフトウェア

Tiernan Ray (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-06-23 11:51

 Intelは米国時間6月22日、新たに2つの事業部門を立ち上げることを明らかにした。ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)とグラフィックスにフォーカスしたアクセラレーテッドコンピューティングシステムズおよびグラフィックスグループ、そして「Intelのソフトウェアの共通したビジョンを推進する」というソフトウェアおよびアドバンストテクノロジーグループだ。

 元VMwareの最高技術責任者(CTO)Greg Lavender氏が新しいソフトウェア部門の責任者となる。Intelのバイスプレジデントであり、GPUコンピューティング技術で知られるRaja Koduri氏がアクセラレーテッドコンピューティングとグラフィックスの事業を率いる。

Raja Koduri
提供:Intel

 さらに、ネットワーキングプラットフォーム事業部門を指揮してきたSandra Rivera氏がデータセンターおよび人工知能(AI)の責任者となり、「Xeon」チップやFPGA製品を含むデータセンター製品を担当する。

 IntelのシニアフェローNick McKeown氏が7月より、ネットワークおよびエッジグループの責任者となる。McKeown氏は2019年、自身のスタートアップBarefoot NetworksがIntelに買収されたことに伴い、同社に加わった。

 ネットワークおよびエッジグループは、ネットワークプラットフォーム事業部門とIoT事業部門、コネクティビティーグループを単一の事業部門とし、ネットワークからインテリジェントエッジにおよぶテクノロジーと製品に関してリーダーシップを加速させるという。

Sandra Rivera
提供:Intel

 2021年に入り、Pat Gelsinger氏が同社の最高経営責任者(CEO)に就任した。低迷していたチップ製造事業を刷新し、復活させることが期待されている。

 IntelはAdvanced Micro Devices(AMD)やNVIDIAとの激しい競争の最中にある。AMDはPCやサーバー向けマイクロプロセッサーの市場でシェアを拡大している。NVIDIAは4月、サーバー向けCPU「Grace」などを発表した。

 Gelsinger氏は事前に用意した声明の中で、「テクノロジー分野で長年の実績を持つSandra、Raja、Nick、Gregを最も重要な取り組みの最前線に配置することで、われわれは全社的に重点分野と実行力を磨き、イノベーションを加速させ、豊富な才能を引き出していく」とコメントしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]