編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

三井化学と日本IBM、労働災害の危険源をAIで抽出--大阪工場で稼動開始

NO BUDGET

2021-07-12 14:27

 三井化学と日本IBMは、化学物質を扱う作業現場の安心安全な労働環境作りを目指して「労働災害危険源抽出AI」を構築し、4月から三井化学の大阪工場で稼動を開始した。

 労働災害危険源抽出AIは、「IBM Watson」を活用したSaaS型のシステムで、これまで紙ベースで蓄積された過去の労働災害情報、危険や危機への気づき、トラブル報告書をデータベース化し、社員の安全活動レベルを向上させることを目指して、日本IBMのデータサイエンティストやコンサルタントによって構築された。

 自然言語を含む大規模データを多角的に分析する「IBM Watson Explore」やIBM Cloud上で稼動する検索効率化に向けたテキストデータ分類が可能な「IBM Watson Natural Language Classifier」を搭載している。

「労働災害危険源抽出AI」を活用した「安全作業リアルタイム支援システム」の概要
「労働災害危険源抽出AI」を活用した「安全作業リアルタイム支援システム」の概要

 三井化学の社員は、工場内に設置されたPCに、これから行う「作業の場所」や「作業内容」、火傷や転倒といった「労働災害の種類」などのキーワードを入力することで、過去のデータベースからリスク相関性の高い事例の照会、類似事例を迅速に抽出できる。また属人性の解消、スキルやノウハウの伝承、原因究明の早期化などを図ることができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]