編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「Windows Insider」のDevチャネルが再び「最先端」に--「Windows 11」のプレビュー提供で

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-24 13:04

 「Windows Insider」プログラムの「Dev」チャネルにいる参加者の中には、最近は安定したビルドばかりでつまらないと思っている人もいたかもしれない。しかしMicrosoftは、まもなくDevチャネルに再び最先端のビルドを公開し始める予定であることを明らかにした。ただし、そこで見た機能が、年内にリリースされる「Windows 11」に盛り込まれる可能性は低い。

Windows 11
提供:Photo Illustration by Pavlo Gonchar/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

 Microsoftは、Windows Insiderプログラムの参加者に方針変更を知らせるメッセージを送った。同社がDevチャネルにWindows 11の最初のプレビュー版を公開したのは2021年6月下旬のことで、このバージョンには、新しいセットアップ方法、「ピン留め」されたアプリの並び替え機能、新しい通知センターとクイック設定、刷新されたファイルエクスプローラー、タスクバーへのウィジェット導入などの新機能が盛り込まれていた。

 また7月末には、Windows 11のプレビュービルドが「Beta」チャネルでも公開された。Microsoftは当時、Devチャネルの参加者に対して、より安定したWindows 11のビルドを試したい人はBetaチャネルに移るべきだと予告していた。

 DevチャネルとBetaチャネルの最初のビルドには、タスクバーに「Teams」のチャットボタンが付いていなかったが、MicrosoftはまずDevチャネルでこの機能をリリースし、8月の初めにはBetaチャネルでもリリースしている。

 Microsoftは、Windows 11のテストをしているDevチャネルの参加者に対して、今後公開されるビルドはより不安定なものになると通知するメールを送った。ただし、このチャネルで公開されるビルドは、2021年中(おそらく10月頃)にリリースされるバージョンのWindows 11とは異なるものになるという。

 2021年にWindows 11としてリリースされる予定のWindowsを試したい参加者は、近日中にBetaチャネルに移った方がよいだろう。Betaチャネルでは、公式リリースに搭載される機能のテストが行われることになる。

 Microsoftユーザー向けのニュースサイトである「MSPoweruser」や、イタリアのサイト「HTNovo」に投稿されたDevチャネル参加者向けへのメールの文面では、今後公開されるビルドの詳細には全く触れていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]