編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

トーバルズ氏、Linuxの「次の楽しみな30年が待ち受けている」

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2021-09-04 08:30

 Linus Torvalds氏は、Linuxカーネルが誕生してから30周年を迎えたことに言及する一方で、Linux開発者にはこれからまだたくさんの仕事があると指摘した。

 Linuxは、スマートフォンからクラウドコンピューティングに至るまで、あらゆることに極めて大きな影響を与えてきたが、IT業界の外ではLinuxがこんな節目を迎えたことは意識されないだろう。Linuxの生みの親であるTorvalds氏は、日曜に公開した新しい安定版カーネルのリリースノートの中で、Linuxの認知度の低さをネタにした。

 「皆さんは今も30周年イベントの派手な催し物で忙しくしているだろうが、きっとどこかのタイミングで、この派手さや花火やシャンペンにも飽きてきているに違いない」と同氏は述べている。「今着ている夜会服や燕尾服も、それほど快適なものではないだろう。お祝いはもう数週間は続くだろうが、皆さんもそろそろ一息つく必要があるはずだ」

 Linux 5.14には、Intelの「Alder Lake」のサポート強化や、AMD製GPUのサポートの充実、「Raspberry Pi 400」キーボードのサポート強化などが追加されている。

 Torvalds氏はリリースノートで、「5.14が無事リリースされたので、皆さんにはしばらく、新しいカーネルを確認しながら、自分たちが何のお祝いをしていたのか思い出してほしい」と述べている。

 Torvalds氏は、1991年にフィンランドで計算機科学を学んでいた時代にLinuxカーネルを生み出した。Linuxカーネルは、今日使われている数々のLinuxベースのOSの中核であり、Windowsのコンポーネントにもなっている。

 Linuxはもともと、あらゆるハードウェアで動作するように設計されたものではなく、当時は「Freax」と呼ばれていた。この名前は、Torvalds氏が「Free Unix」を意味するものとして付けたものだったが、この名前は結局使われず、「Linux」という名前が定着した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]