編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

日本生命、コンテンツの閲覧状況を可視化して顧客ニーズを把握

NO BUDGET

2021-10-18 11:07

 日本生命は、営業職員が持つスマートフォンから、保険商品のカタログやチラシ、動画などのデジタルコンテンツを顧客のスマートフォンに送付し、その閲覧状況を可視化できるサービスを利用開始した。全国の約5万人の営業職員が活用する。富士通が10月14日に発表した。

日本生命における「Finplex eXgrow」を用いた新サービスの活用イメージ
日本生命における「Finplex eXgrow」を用いた新サービスの活用イメージ

 日本生命のサービス管理者がデジタルコンテンツをクラウドサービスに保存し、営業職員と共有し、サービスの専用アプリから一元管理ができるようにした。

 営業職員は、スマートフォンの専用アプリからメール、SMS、メッセージングアプリを用いて顧客にメッセージやコンテンツ閲覧用のURLを送付する。顧客に専用アプリは必要なく、メッセージやコンテンツをインターネット経由で確認、閲覧できる。

 営業職員は専用アプリから顧客への送付状況や開封・閲覧状況を把握。関心度合いやタイミングに合わせて個別にアプローチする。

 このサービスは富士通が開発したもので、「FUJITSU Finplex 顧客エンゲージメント強化サービス eXgrow」を用いている。Finplex eXgrowは、米Eltropyのデジタルコミュニケーションプラットフォームを組み込み、メールやSMS、メッセージングアプリを通じて利用者にデジタルコンテンツを送付し、閲覧状況を可視化できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]