編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
調査

日本企業の社内DX、トップは「テレワークの促進」--パーソルP&T調査

ZDNet Japan Staff

2021-11-05 09:38

 パーソルプロセス&テクノロジー(パーソルP&T)は11月4日、「社内DX推進における効果に関する実態調査」の結果を発表した。それによると、回答企業が最も推進し、効果を挙げているとしたデジタルトランスフォーメーション(DX)のテーマは「テレワークの促進」だった。

 調査は9月14~16日に、DX推進に取り組む従業員50人以上の企業の経営者・役員や部長級以上の社員を対象に行い、600人から回答を得た。

 まず社内のDX推進で取り組んでいる内容(複数回答)は、「テレワークの促進」が83.7%で最も多く、以下は「バックオフィスにおけるDX」(51.7%)、「営業活動におけるDX」(44.8%)、「マーケティングにおけるDX」(39.0%)だった。

 また、「効果を感じている」(とても感じる、少しは感じているの合計)との割合は、「テレワークの促進」が84.3%で最多だった。「バックオフィスにおけるDX」は78.4%、「営業活動におけるDX」は66.7%、「マーケティングにおけるDX」は73.5%で、総じて効果を感じる回答者が多いことが分かった。

 具体的に感じている効果として、「テレワークの促進」では「通勤・移動コストの削減」(81.3%)や「業務効率・生産性の向上」(45.2%)、「バックオフィスにおけるDX」では「業務効率・生産性の向上」(68.3%)や「業務処理の円滑化」(49.8%)、「マーケティングにおけるDX」では「業務効率・生産性の向上」(69.2%)や「顧客管理ができる」(48.8%)、「営業活動におけるDX」では「業務効率・生産性の向上」(56.6%)や「移動コストの削減」(47.8%)が挙げられていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]