編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

セブン&アイHD、AWS上に共通インフラ基盤を構築--リアルとデジタルを融合したDX推進

NO BUDGET

2021-12-01 17:03

 セブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイHD)は、Amazon Web Services(AWS)上にグルーブ共通基盤を構築。リアルとデジタルを融合した、グループ横断のデジタルトランスフォーメーションを推進していく。アマゾン ウェブ サービス ジャパンが11月30日に発表した。

 グルーブ共通基盤は、デジタルな顧客体験をグループ横断で迅速に展開するための俊敏性と拡張性を備え、グループ各社で一貫性のあるサービスを提供できることを目的に構築された。

 「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)を活用し、グループ各社の購買データを共通のデジタルイノベーション基盤に一元化するデータレイク(データ蓄積基盤)を構築することで、顧客管理や各種マーケティング、商品開発など、顧客の体験価値向上の基礎となる複数のアプリケーションも開発している。

 さらにセブン&アイHDでは、同基盤によってグループ統一のセキュリティ規程や規程にのっとったITインフラの運用も可能となった。AWSの脅威検知サービス「Amazon GuardDuty」などと連携するクラウドセキュリティ体制管理サービス「AWS Security Hub」を活用することで、共通基盤上の複数のAWSアカウントについても一元的にセキュリティアラートを表示・管理し、継続的なセキュリティベストプラクティスのチェックを行える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]