編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

JR東日本クロスステーション、BIツールなど導入で売上レポーティング工数をゼロに

NO BUDGET

2021-12-01 17:13

 「エキナカ」商業施設の開発・運営を手掛けるJR東日本クロスステーションは、ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」やワークスタイルDXソリューション「dejiren」、データ基盤ソリューション「Dr.Sum Cloud」を導入した。

 東京駅構内の「ecute」や「GRANSTA」などを運営するJR東日本クロスステーションは、既に導入していた業務改善プラットフォーム「kintone」が管理するデータをさらに手軽に集計し、可視化するツールとしてMotionBoard Cloudを導入した。また、営業担当者の現場でのデータ活用をより簡易に行うため、既に導入していたチャットツール「LINE WORKS」とMotionBoard Cloudを連携することができるdejirenを導入した。

店舗別の売上データと進捗率を可視化するダッシュボード
店舗別の売上データと進捗率を可視化するダッシュボード

 MotionBoard Cloudの導入により、これまで営業担当者が毎日手作業で集計し、Excelにまとめていたデータの集計やレポートの作成が自動化され、すぐに出力できるようになった。これによりレポートティングにかかる工数をゼロにできた。また、dejirenを導入したことで関係者にメール送付していた売上報告業務を自動化できるようになりMotionBoard Cloudで集計したレポートをLINE WORKSのチャットボットを使って自動で共有し、人手を介さずにデータを取得できるようになった。

導入後のシステム構成
導入後のシステム構成

 さらに、JR東日本グループのカンパニー再編により、10台の売上管理サーーにバラバラのフォーマットで蓄積しているデータを集約、統合する必要がありDr.Sum Cloudが導入された。Dr.Sum Cloudの導入により、管理する商業施設が増えた後も、スムーズに複数の売上管理サーバのデータを集約できるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]