「iPhone」で変更しない方がよい設定

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-12-18 08:00

 「iOS」の「Settings」(設定)アプリには、数多くの設定が用意されており、いつでも変更することができる。ユーザーは自分の好みに合わせてこれらの設定を変更し、「iPhone」をパーソナライズしてカスタマイズすべきである、と筆者は強く信じている。

 しかし、それはすべての設定に当てはまるわけではない。

 設定の中には、下手にいじると大きな問題が発生するので、そのままにしておいた方が良いものもある。もちろん、iPhoneが爆発するということはない。だが、設定を変えすぎると、問題の原因が分からなくなって、地団駄を踏むことになる場合もある。

日付と時刻

 日付や時刻をいじると、ウェブサイトへの接続にすぐに問題が発生する。厄介なのは、問題が発生している原因を伝えるメッセージや通知が表示されないことだ。

「Settings」(設定)>「General」(一般)>「Date & Time」(日付と時刻)

明るさの自動調節

 2つの理由で、この設定はオンのままにしておいた方がいい。

 まず、この設定はその名前の通りに機能し、明るさを自動的に制御してくれるからだ。つまり、ユーザーが暗い部屋にいるときは、ディスプレイの輝度をスマートに上げ、通常の明るさだとディスプレイが見えにくい晴れた日には、輝度を上げる。

 この機能をオンにしておくと、バッテリーも大幅に節約できる。常時最大輝度でディスプレイを使用している人の場合は、特にそうだ。

「Settings」(設定)>「Accessibility」 (アクセシビリティ)>「Display & Text Size」(画面表示とテキストサイズ)>「Auto-Brightness」(明るさの自動調節)

自分の番号

 これを変更してもいいのは、設定が間違っている場合だけだ。設定を変更しても、実際の電話番号が変更されるわけではない。筆者の経験では、これをいじると、iMessageのアクティベーションに問題が発生する可能性がある。

「Settings」(設定)>「Phone」(電話)>「My Number」(自分の番号)

モバイルデータ通信

 技術サポート担当者から何かを変更するように指示されたのでなければ、この設定に手を触れるべきではない。

「Settings」(設定)>「Cellular」(モバイル通信)>「Cellular Data Network」(モバイルデータ通信)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]