編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

「Windows 10 21H2」への自動アップデート対象が拡大--「20H2」にも開始

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-01-26 12:19

 Microsoftは、「Windows 10 21H2」を段階的に提供する範囲をさらに拡大し、サポート終了が近づいている「Windows 10 20H2」を搭載するPCも対象に追加している。

 これは、Microsoftが「Windows 10」のロールアウトで、近年採用している標準的なアプローチだ。まず、一部のデバイスのみに提供し、数カ月後に提供範囲を徐々に拡大する。このように段階的にリリースすることで、さまざまなハードウェアやドライバーにおける初期の互換性の問題を回避し、その後古いバージョンのWindows 10を搭載するマシンに最新リリースへのアップデートを促す。

 Microsoftの機械学習アルゴリズムは米国時間1月20日より、Windows 10 20H2を利用するデバイスを21H2への自動アップグレードの対象としている。

 バージョン20H2(「October 2020 Update」)は2022年5月10日にサポートが終了し、以降はセキュリティ更新プログラムを受け取れなくなる。Microsoftは通常、古いバージョンのWindows 10のサポートが終了する数カ月前に強制アップグレードを開始している。

 Microsoftは「リリースの正常性」ダッシュボードで、「われわれの機械学習(ML)トレーニングのためのロールアウトの第1段階を開始し、サービス終了が近づいているWindows 10バージョン21H2を、Windows 10バージョン21H2への自動アップロードの対象とした」としている。

 「Windows 10の新しいバージョンをインテリジェントにロールアウトし、スムーズなアップデート体験を提供するため、すべてのフェーズで機械学習モデルを訓練する取り組みを今後も続けていく」(Microsoft)

 5月10日にサポートが終了する20H2のエディションは、「Windows 10 Home」「Windows 10 Pro」「Windows 10 Pro Education」「Windows 10 Pro for Workstations」だ。

 17日には、1月の月例パッチが原因で生じていた「Windows 11」と「Windows 10」「Windows Server」の問題に対処する複数の帯域外(OOB)更新プログラムをリリースしている。

 Windows 10 21H2(「Windows 10 November 2021 Update」)は11月に提供が開始されている。このバージョンは、「Windows 11」のリリースサイクルと同様に、年2回から1回の機能アップデートに移行している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]