グーグル「Chrome」のロゴ、8年ぶりに変更

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-02-07 08:36

 Googleが「Chrome」ブラウザーのロゴを8年ぶりに変更する。Chromeのデザイナーが明らかにした。よりシンプルなデザインを採用し、Googleの現在のブランドに一層調和させる狙いがあるようだ。

The new Chrome logo, at right, is brighter and has a larger interior blue circle.
提供:Elvin Hu/Google

 円形で4色という大まかな基本デザインは変わらない。2008年に最初のChromeで採用され、2011年にフラットに刷新されたデザインだ。それでも、新しいロゴは色が明るく、中央の青い円が大きくなり、シャドウがなくなっている。

 アイコンの刷新は議論を呼ぶ可能性もある。2016年にUberがUのないロゴに変更したり、Instagramがスキュアモーフィックなカメラのデザインを廃止し、スタイリッシュな2Dアイコンを採用したりした当時もそうだった。ユーザーは単に新しいアイコンに戸惑うだけでなく、新しいデザインに慣れるまで、スマートフォンのホーム画面でアプリを探しにくくなる場合がある。

 それでも、Chromeの控えめな変更で混乱を招くことはなさそうだ。Googleはまず、Chromeの「Canary」テスト版に新しいアイコンを導入している。今後数週間のうちに、デベロッパー版、ベータ版、正式版へと順次適用されるようだ。StatCounterによると、Chromeはウェブブラウザー市場シェアの約63%を占めており、他を圧倒している。Googleは大幅な変更を加えようとは考えないだろう。

 さらにGoogleは、ロゴが「Windows」「macOS」「iOS」になじむよう、それぞれに合わせた異なるバリエーションを用意している。ChromeデザイナーのElvin Hu氏は、「Chromeであることは一目瞭然でありながら、各OSに合わせて工夫されたアイコンにしたいと考えた」とツイートしている。

 「Windows 10」と「Windows 11」では、アイコンの色にグラデーションがある。「Chrome OS」では、より明るい色を採用している。macOSでは3Dのようなデザインとなっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]