編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「Windows 11」のAndroidアプリ対応、米国でプレビュー提供を開始

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-02-16 09:25

 Microsoftは最新OS「Windows 11」の中でも特に期待されていた、「Android」アプリの動作を可能にする新機能の提供をついに開始する。同社は、Androidアプリをダウンロードできる「Amazon Appstore」のプレビュー版を、米国の「Microsoft Store」で提供開始したと発表した。

Windows
提供:Microsoft

 Windows 11搭載PCでAndroidアプリを利用するには、8GB以上のRAM、ソリッドステートドライブ(SSD)、サポート対象のプロセッサーを搭載していることなど、いくつかのハードウェア要件を満たす必要がある。

 Amazon Appstoreのプレビューでは、Amazonの「Audible」や「Kindle」を含む1000件以上のアプリが提供される。この機能の実現にあたり、MicrosoftはIntelとも提携している。

 「これらのアプリはWindowsの一部のように動作し、Windowsの入力や、スナップレイアウトなどウィンドウの動作と自然に連携する」と、Microsoftの最高製品責任者(CPO)であるPanos Panay氏は発表の中で述べた。

  そのほか、Microsoftは今回、Windows 11のタスクバーの改良についても説明した。新しいタスクバーには、ウィンドウの共有、天気の表示、2つ目のモニターにおける時計の表示、ビデオ通話を容易にするミュート/ミュート解除の各機能が追加される。また「Media Player」と「メモ帳」の刷新版がリリースされた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]