インテル、ファウンドリー企業Tower Semiconductor買収を発表--約6200億円

Stephen Shankland Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-02-16 11:39

 Intelは米国時間2月15日、イスラエルを拠点とするファウンドリー企業Tower Semiconductorをおよそ54億ドル(約6200億円)で買収することで合意したと発表した。

Intel
提供:Stephen Shankland/CNET

 買収手続きは約1年で完了する見通しだ。買収が実現すれば、Intel Foundry Servicesで提供可能なテクノロジーを強化できる。

 Intelは、RFやSiGe、産業用センサーなどの専門的なテクノロジー分野におけるTowerの強みに期待を寄せている。また、Towerが米国とアジアで「地理的な相互補完性」を持つ製造施設を運営していることにも触れた。

 Intelの最高経営責任者(CEO)Pat Gelsinger氏は、「Towerの持つ専門的なテクノロジーポートフォリオと、地理的なリーチ、顧客との密接な関係、サービス第一主義の運営は、Intelのファウンドリーサービスを拡大し、ファウンドリー能力を世界に向けて提供する主要プロバイダーになるというわれわれの目標に役立てられる」とコメントしている。

 ライバル企業もチップ需要を収益化につなげようとする動きを見せている。AMDは14日、「FPGA」などに強みを持つXilinxの買収完了した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]