編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

KDDIとソニー、5G SAでゲームと8K映像のリアルタイム配信に成功

NO BUDGET

2022-03-02 06:00

 KDDIとソニーは、「5G スタンドアロン」(5G SA:第5世代移動体通信専用の設備構成)環境で、プレイステーションのゲームストリーミングと、8K映像のリアルタイム配信の技術検証に成功した。検証ではXperiaスマートフォンを用いたという。

 検証は、5G SAでのネットワークスライシングを活用。ネットワークスライシングは、論理的にネットワークを分割することで、高速・大容量や低遅延などの顧客の用途やニーズに合わせたネットワーク環境を提供する技術になる。

 

 実際の用途を想定した2つの実証実験を行い、同じネットワークで提供される他mpサービスの影響を受けにくい安定した通信を実現した。ゲームストリーミングの検証では、自宅の「プレイステーション5」や「プレイステーション4」のゲームを外出先でもスマートフォンで安定してプレイできることを確認した。8K映像配信の検証では、離れた場所でも臨場感を伴ったイベント参加ができることを確認した。

5G SA×ゲームストリーミング 構成イメージ
5G SA×ゲームストリーミング 構成イメージ

Xperiaスマートフォンを用いたプレイステーションのゲームストリーミングでは、施設外(外出先を想定)のXperiaと施設内(自宅を想定)のプレイステーションを5G SAでつなぎ、高精細なゲームグラフィックを安定して配信できるようカスタマイズしたゲームストリーミング専用のネットワークスライスで接続した。

 検証の結果、ゲームストリーミング用スライスに接続したスマートフォンでは、通常のスライスに接続したものと比べ、高度なグラフィックを用いたプレイステーションのゲームをスムーズに安定してプレイできることを確認した。

5G SA×イベント 構成イメージ
5G SA×イベント 構成イメージ

 8K映像の配信では、イベントのメイン会場にいる演者とサテライト会場の観客の間でのコールアンドレスポンスなどのインタラクション演出による一体感の醸成を想定。Xperiaを8K映像データの送受信機として使用し、メイン会場のカメラとサテライト会場の大型ディスプレイを5G SAによるライブ配信専用のネットワークスライスで接続し、超高精細映像によるリアルタイム配信を実施した。

5G SA×8K VR構成イメージ
5G SA×8K VR構成イメージ

 なお8K VR(仮想現実)の検証では、臨場感溢れる現地の雰囲気を仮想空間上で体験することを想定した。イベントのメイン会場とサテライト会場を5G SAによるライブ配信専用のネットワークスライスで接続し、8K VR映像(3D・180度)化した映像をサテライト会場のビジュアルヘッドセット「Xperia View」に配信した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]