編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

スマホで次世代型決済と販促をハイブリッド化--東芝テックとデジタルガレージが実証実験

NO BUDGET

2022-03-03 09:43

 東芝テックとデジタルガレージは、スマートフォンを活用した決済と販促をハイブリッド化する実証実験を3月下旬から開始する。実施店舗は、群馬県を中心にスーパーマーケットを展開するとりせんの富士見町店。

実証実験の概要
実証実験の概要

 東芝テックが提供するスマートフォン型販売時点情報管理(POS)レジアプリと、デジタルガレージが提供するリテール販促プラットフォームを連携させることで、小売店舗における消費者接点や販促活動の一元管理を可能にする。

 スマートフォンに専用のPOSレジアプリをインストールすることで、店内で買い物をしながら消費者自身で商品の登録ができ、レジ前の待機時間の解消やレジ業務の省力・省人化を可能にする。リテール販促プラットフォームは、販促企画の管理機能・販促物のデジタル化、販促データの分析・予測を通じて、販促業務の効率化と販促効果の最大化を図る。

 実証では、とりせん富士見町店のLINE公式アカウントを登録している消費者に、アプリの情報やメリットを発信し、店舗への来店とアプリの利用を促進する。

 店内施策においては、Tangerineのビーコンとオフライン行動データ基盤「Store360」を活用し、消費者の来店検知やアプリへのログイン、特定の商品に近づいたタイミングなど、店内の位置情報にあわせたクーポンをアプリに配信し、販促効果と顧客体験の向上を検証する。

 また、LINE公式アカウントからの誘導、アプリの操作、クーポンへの反応、ビーコン検知による店内行動、POSデータ、消費者へのヒアリングなどをもとに、購買結果に及ぼす定量情報と消費者の行動や思考の定性情報を分析し、実証実験の成果を測る。

 東芝テックとデジタルガレージは実証試験の結果に基づき、来店や店内回遊、クーポン利用のデータを分析・活用する。これにより消費者の購買行動に合わせた効果的なコンテンツの配信を可能にし、消費者の一人一人に合った顧客体験の提供を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]