編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

日立とサイファーマ、SUBARUのセキュリティ対策強化を支援

NO BUDGET

2022-03-18 18:02

 日立製作所とサイファーマは、SUBARUに「脅威インテリジェンス提供サービス」を提供し、サイバーセキュリティ対策の強化を支援した。

 同サービスは日立が自社のセキュリティ専門組織で20年以上にわたり培ってきた判断基準や対策方法などサイバーセキュリティ対応の運用ノウハウと、サイファーマの脅威情報を収集し可視化・分析するプラットフォーム「DeCYFIR」を組み合わせて提供するもの。公開ウェブおよびダークウェブから脅威情報や攻撃兆候などを収集し、潜在的なサイバー攻撃リスクを分析する。

 SUBARUは、2月1日から利用開始し、自社の外部攻撃対象領域管理におけるインシデントや脆弱性、攻撃の兆候などの脅威情報を迅速に把握し、戦略的かつ先回りしたセキュリティ対策を講じている。

SUBARUに導入したサービスの概要図
SUBARUに導入したサービスの概要図

 サイファーマは、クラウドベースの人工知能(AI)と機械学習(ML)を活用した脅威ディスカバリー&サイバーインテリジェンスプラットフォームを提供する企業。ハッカーの視点と外部のサイバー情勢に対する深い洞察を提供する独自のアプローチにより、顧客が迫りくるサイバー攻撃に適切に備えることをサポートしている。

 「DeCYFIR」はサイバー攻撃者が利用するダークウェブなどのハッカーコミュニティー、セキュリティ対応機関(CERTやISACなど)をはじめ、28万以上のさまざまなデータソースから脅威情報を収集する。これをベースに「だれが、なぜ、なにを、いつ、どのように攻撃するか」をAIや機械学習エンジンにより分析し、インテリジェンス情報を提供する。

 また、日立のセキュリティエキスパートが、「DeCYFIR」で収集・分析した脅威情報をもとに、対応すべき脅威の判断基準や優先度付け、対策方法などの運用プロセスについて、ユーザーの業務に合わせて整理・検討を支援していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]