グーグル、サイバーセキュリティ企業Mandiantの買収に向け協議との報道

ZDNET Japan Staff

2022-03-08 13:22

 Googleがサイバーセキュリティ企業Mandiantの買収に向け、協議しているという。The Informationが事情を知る関係者の話として報じている

 Google Cloudはセキュリティ機能を強化し、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといった競合サービスとの競争力を高める狙いがあるとみられる。Microsoftも2月、Mandiantの買収を検討していると報じられた

 報道を受け、Mandiantの株価は急伸した。

 Mandiantの2021会計年度の売上高は前年比21%増の4億8350万ドルだった。純利益は9億1860万ドルで、前年の赤字2億730万ドルから大きな伸びを見せた。

 Mandiantは10月、Symphony Technology Groupを中心とするコンソーシアムの支援を得て、FireEye製品事業のMcAfee Enterpriseへの売却を完了したと発表した。Mandiantは2013年にセキュリティアプライアンスメーカーのFireEyeに買収され、一部門となっていた。だが、10月にFireEyeのセキュリティアプライアンス製品事業がSymphony Technology Groupに売却され、もともとのMandiantの事業を中心とする新体制でビジネスを再出発させた。Mandiantから切り離されたFireEyeの製品事業は、同様に事業分離されたMcAfeeの法人向けセキュリティビジネス(McAfee Enterprise)と統合されている。

 Microsoftは1月、セキュリティ事業の売上高が12カ月間で150億ドル以上に達し、前年比で約45%増加したことを明らかにしている。Microsoftのセキュリティサービスは、セキュリティ、コンプライアンス、アイデンティティー、デバイス管理、プライバシーなど広範な分野に対応している。

 Google Cloudもセキュリティ事業を成長させることに意欲的だ。1月にはイスラエルのサイバーセキュリティスタートアップSiemplifyを買収すると発表した。買収額は5億ドル(約580億円)と報じられている。GoogleはSiemplifyについて、セキュリティオーケストレーション、自動化、応答(SOAR)分野のリーダーだとしている。同社の機能をGoogle Cloudに統合し、セキュリティ脅威の検出と対応を向上させたい考えだとしていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]