「Windows Defender」に脆弱なドライバーをブロックする機能

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2022-03-29 13:45

 Microsoftは、「Windows 10」「Windows 11」「Windows Server 2016」以降の「Windows Defender」に、脆弱性が存在するドライバーをブロックする「Vulnerable Driver Blocklist」機能を新たに追加する。この機能は、IT管理者が悪質なドライバーや悪用可能なドライバーからユーザーを保護できるようにすることを目的としたものだ。

 MicrosoftのOSセキュリティおよびエンタープライズ担当バイスプレジデントDavid Weston氏は米国時間3月27日、このWindowsの新しいセキュリティ機能についてツイートしている

 この機能は、Windows 10のSモードと、コア分離のメモリー整合性機能が有効になっているWinodwsでデフォルトで有効になるようだ(コア分離のメモリー整合性機能は、「Hypervisor-protected Code Integrity」:HVCIとも呼ばれている)。詳細については、「Microsoftが推奨するドライバーブロックの規則」のページで確認できる。

 このブロック機能には、MicrosoftがOEMパートナーと協力して管理しているブロック対象ドライバーリストが使用される。ghacks.netの記事で説明されているように、ドライバーをブロックするのは、そのドライバーに、Windowsカーネルの特権昇格のために悪用される恐れのある既知のセキュリティ脆弱性が存在する場合、それ自体がマルウェアであるかマルウェアの署名に使われていた証明書が利用されている場合、または動作自体が悪質なわけではないものの、Windowsのセキュリティモデルを迂回し、Windowsカーネル内の特権昇格に利用できる場合だ。

 筆者は、このドライバーブロック機能がWindows 10とWindows 11のすべてのバージョンで利用できるのか、本格的に展開されるのはいつになるのかをMicrosoftに問い合わせたが、現時点では回答を得られていない。

 そのほかのセキュリティ関連のニュースとして、Microsoftは3月28日、米国政府向けの新しいクラウド環境である「Office 365 Government Secret」についての計画を発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]