編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
オブザーバビリティーが変えるCX

「DevSecOps成熟度モデル」でDevOpsにセキュリティ管理を組み込む

国本明善 (Datadog Japan)

2022-04-13 06:00

 DevOpsは、顧客体験の向上におけるアプリケーション開発のスピードと品質を向上させる実践論として、よく知られるようになりました。しかし開発者には、アプリケーション開発のスピードと複雑さが増すにつれ、十分にセキュリティが確保されているかの不安が生じており、DevOpsチームにとってセキュリティへの対処が不可避になりました。

 DevSecOpsは、セキュリティ管理をソフトウェアの開発ライフサイクル(SDLC)へ組み込むことに焦点を当てた、新しくかつ優れた手法です。DevSecOpsにより本番環境へのデプロイ前、さらに、その後においては、アプリケーションとその基盤となるインフラのセキュリティを確保することが可能になります。DevSecOpsは、ソフトウェア業界におけるトレンドになりつつあります。

 DevSecOpsがセキュリティの向上に資することは誰もが認めるところですが、残念ながら、その導入に関する標準的なガイダンスが、まだ確立されていません。このためDatadogは、セキュリティ管理手法をDevOpsの一連のプロセスに組み込むための理想形と現状とのギャップを特定し、組織内でDevSecOpsを成功裏に推進するために役立つ「成熟度モデル」を開発しました。成熟度モデルは、多くの企業がどのようにアプリケーションのセキュリティを管理しているか、実情の観察から得られた洞察に基づいており、組織におけるDevSecOpsの実践度を測定できる、他に類を見ないモデルです。

セキュリティ管理をソフトウェア開発ライフサイクルに組み込む際の4つの洞察

 Datadogは、10年以上にわたって1万5000以上の組織におけるDevOps(現在はDevSecOps)の実践を支援してきました。DevSecOpsの取り組みがまだ途上にある組織から、既に十分に浸透、成熟した組織まで、さまざまな段階の組織を支援したことにより、次の4つの洞察を得ました。

1.DevOpsチームはセキュリティを置き去りにしたくない

 セキュリティ対策は、しばしアプリケーション実装のスピードを低下させます。多くのチームリーダーは、アプリケーションの迅速な実装と脆弱性リスクの低減のために、開発プロセスにおいて優れたセキュリティ管理手法が必要だと認識しています。

2.セキュリティチームはサイロ化しがち

 セキュリティチームはDevOpsチームとは異なるツール、プロセス、用語を使用していることがあり、開発のワークフローにセキュリティ管理手法を組み込むことが難しくなる一因となっています。

3.セキュリティもシフトレフト中

 DevOpsチームが、より多くのセキュリティの責任を負うようになるのに従い、セキュリティチームがSDLCの早い段階から参加するようになっています。この「シフトレフト」(開発~運用のプロセスを左右軸で表現した場合に、左手に位置する開発側にセキュリティの比重が移ること)を実現し、DevSecOpsの採用を成功させるためには、組織全体に大きな変化をもたらす必要があります。

4.DevSecOpsに早くから取り組んでいる組織が成功しているとは限らない

 DevOpsが浸透するにつれ、組織はDevSecOpsへの取り組みを加速しようとします。しかし、アプリケーション全体に渡るセキュリティの可観測性を実現する上では、全てのチームが共有できる明確なセキュリティの指標が欠如しているなど、まだギャップが存在する状況が見受けられます。

 以上の洞察は、よりよいセキュリティ管理手法を構築する際に組織が経験するペインポイントを明らかにし、成熟度モデルの方向軸を定めるために基本的な要素となりました。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]