編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

テラル、経営情報基盤に「RISE with SAP」を採用--散在した情報を一元化

NO BUDGET

2022-04-18 10:15

 ポンプ、送風機メーカーのテラルは、統合基幹業務システム(ERP)「SAP S/4HANA Cloud」を中核とするサービス「RISE with SAP」を採用した。SAPジャパンが4月14日に発表した。システム構築は日立システムズが担当した。

 テラルでは、これまで利用していた基幹システムが複雑化してきたため、さまざまなシステムに散らばったデータの管理、抽出に時間を要し、迅速な意思決定や事業環境の変化への対応が課題となっていた。

 RISE with SAPについては、同社グループ内のプロダクトライフサイクルの全領域情報をシームレスに管理できる点を評価した。今回の導入で、同社は情報の一元化によるリードタイム短縮で意思決定の迅速化が進むとしている。またグループにおける情報基盤の展開が容易になり、デジタル変革(DX)の推進による業務効率の向上も実現できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]