編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

パナソニック、全社DXプロジェクト「PX」に向けて「RISE with SAP」採用

NO BUDGET

2022-03-24 17:52

 SAPジャパンは、パナソニックが「RISE with SAP」を採用したと発表した。パナソニックは「物と心が共に豊かな理想の社会」の実現に向けて、バリューチェーン全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させる。

 パナソニックは総合エレクトロニクスメーカーとして、家庭用電化製品、住宅、自動車、対法人(B2B)ビジネスなど幅広い事業分野において、さまざまなパートナーとともにビジネスを拡大している。同社は事業会社制へ移行するとともに、DXとグリーントランスフォーメーション(GX)を戦略の中核に据えることで、事業ごとの競争力強化を図る。

 パナソニックは自社の中核戦略の一つであるDXプロジェクトを「パナソニックトランスフォーメーション」(PX)と呼び、各事業会社のDX支援とグループ全体のIT経営基盤の底上げを目指している。その中で同社は、グローバルの製造販売を中核としたバリューチェーン全体のDXとクラウド化を加速するため、RISE with SAPの採用を決定した。パナソニックはSAPと戦略的なエンゲージメントを開始しており、SAPが提唱する「Intelligent Sustainable Enterprise」に賛同している。

 RISE with SAPを主軸に据えたPXの推進により、グループの事業の成⾧に直結するビジネスモデル、業務プロセスの在り方、従業員の働き方をデジタル技術やITの徹底活用で変革し、経営のスピードと質を高める。

 RISE with SAPの採用について、パナソニック 代表取締役社長執行役員グループ最高経営責任者(CEO)の楠見雄規氏は、次のように述べる。「グローバルのビジネスソフトウェア市場をけん引するSAPと連携し、全社レベルのDXを加速できることを大変うれしく思う。パナソニックはPXの推進により、お客さまへの提供価値を継続的に高める“お客さまサービスのDX”と、社内業務を徹底的に洗練させる “事業オペレーションのDX”を進め、デジタルと人の力で“くらし”や“しごと”に関わる全てのお客さま一人ひとりの幸せを実現していく」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]