編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
ようこそSREの世界

SREがより発展していくために

手塚卓也 (スリーシェイク)

2022-05-19 06:30

 前回の記事では、Site Reliability Engineering(SRE)におけるデータを測定する重要さ、データの種類と収集方法、システムの運用での活用についてお話しました。

 本連載最終の今回は、SREが抱える悩みである「割り込みタスク」の管理方法、そして、SREがスケールしていくための実装パターンとSRE人材の育成について紹介します。

SREが抱える割り込みタスクの悩み

継続的な運用負荷

 システムが稼働する状態を維持するための作業を、「SRE サイト リライアビリティ エンジニアリング」では、運用負荷と定義しています(※1)。運用負荷は、「ページ」「チケット」の2つがあり、ページはオンコールに当たります。チケットはシステムの利用者(顧客)の要求が関係するもので、即時対応が求められる場合もあります。

※1:「SRE サイトリライアビリティエンジニアリング」Chapter 29 - Dealing with Interrupts

 運用負荷の内訳はこの2点に加え、前回の記事で紹介したトイル(労苦)も含まれます。これらの運用負荷は予測しづらいものであり、チームの作業を妨げる可能性があります。Google SREチームは、目標として「運用作業(トイル)を各SREの時間の50%未満に保つ」を掲げています。これは残りの50%を、将来に向けた「トイルの改善(ソフトウェアによる自動化など)」「サービス機能追加」に充てるためです。

 運用負荷のような割り込みが、残りの50%に該当する生産的作業にどのような影響を与えるのか、どう向き合っていくべきかも同章にて言及されています。人間は、フロー状態(集中している)である時に創造的で積極的に仕事に向き合うことができますが、割り込みが発生するとフロー状態から脱してしまう可能性があります。そこで、目の前のタスクに長時間集中することができるよう、チームで割り込みを管理する方法について提案しています。

 それは、ワークスタイルを二極化することです。例えば、複数のタスクをアサインされている場合は、作業時間の割合を「午前と午後」「日にち単位」で区切るなどが挙げられます。切り替えを最小限に抑えることで、対応すべきタスクに長時間集中することが可能になります。

 また、割り込みのアサインについては、チーム全体に負荷を分散するのではなく、規則性を持った構成にすることが推奨されています。例えば、ローテーションで割り込みが可能なメンバーをアサインし、負荷を局所化します。割り込み対応メンバーの負荷軽減のためにも、ローテーションの間隔、引き継ぎの有無やそのルールの整備も必要です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]