編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
ようこそSREの世界

SREを自社に導入するためのプラクティス

手塚卓也 (スリーシェイク)

2022-02-02 06:30

はじめに

 前回の記事では、Site Reliability Engineering(SRE)がシステム運用にもたらす利益についてご紹介しました。結論としては、「システムの信頼性の担保」と「開発効率の向上」という対極にある2つの要素を成立させるというものでした。

 第2回となる本記事では、企業ごとに組織の体制や文化が異なる中で、どのような目的・意図を持って進めていけば、この対極にある要素を両立させたSREの導入につなげられるかのプラクティスについてご紹介します。

SRE導入はある程度の時間を要する

 前述の通りSREの目的は、「システムの信頼性の担保」と「開発効率の向上」という2つの要素を両立させることです。

 アプローチ方法としては、ソフトウェア技術によって実装されることもあれば、対話や文化の醸成などコミュニケーションに重きを置いて行うこともあります。この2つの目的は抽象度が高いため、何をすべきか細分化していくと、たくさんのやるべき事が出てくるはずです。

 SREを完全導入するには、数カ月、数年と、ある程度の時間を要します。まずはSREのプラクティスを幾つか導入し成果を少しずつ得て、組織にSREの文化を醸成していくことが重要です。

小さく始めるSRE

 SREで「システムの信頼性の担保」と「開発効率の向上」を両立させるために、まず取り組むべきことをご紹介します。

 システムの信頼性を担保するには、その指標としてサービスレベル目標/サービスレベル指標(SLO/SLI※1)という定量的なデータを用います。そのため、どこから・どのような指標を集めるかというモニタリングの設計と実装・信頼性の定義は、優先度が高くなります。信頼性の定義に関しては、Googleのゴールデンシグナル※2を利用すると良いでしょう。

 開発効率の向上では、継続的なインテグレーション/継続的なデリバリー(CI/CD)の優先度が高くなります。機能・品質のテスト、デプロイなどの一連の流れを自動化することにより、開発者は機能開発に集中でき、プロダクトとしては細かいリリースが可能になります。安全なリリースを行うために、CDでリリース戦略などの信頼性が介入する事もあります。

 この他にも、既存システムの見直し、パフォーマンス分析、インフラストラクチャー・アズ・コード(IaC)、運用体制の整備、文化の醸成など、取り組むべきことがさまざまにあります。そのため、SREを長期的に実践するには、今の組織にSREのどのプラクティスが効果的に働くかという観点でロードマップを作成し、チーム全体で進めていくことが重要です。

※1:「SRE サイトリライアビリティエンジニアリング」(オライリー)の「4章 サービスレベル目標」(原書
※2:「SRE サイトリライアビリティエンジニアリング」(オライリー)の「6章 分散システムの監視」(原書

開発チームとの協働

 SREに対して開発チームが過度に期待し、運用に際限なく障害対応を任せてしまうような状況は、避けなければなりません。開発チームが運用に無関心かつ非協力的だと、運用はSREのために障害対応により多くの時間を費やすことになり、本来行うべき業務に支障が出てしまいます。これを避けるためには、開発チームの理解やプロダクション運用への参加意識が不可欠です。

 開発チームとの協働には、SREの運用業務の一部を開発チームに担当してもらうことが効果的です。具体的には開発エンジニアをオンコールシフトに組み込む、SREと協力して運用のチケット対応を行うなどの方法があります。プロダクションの運用に開発チームが無関心でいられない状況を作ることで、運用への責任感や参加意識が芽生えます。

 また運用業務の一部を担当することで、開発チームがプロダクション運用に関する知見を得られます。仮にSREが運用から撤退することになったとしても、開発チームのみで運用を継続できる点で有効でしょう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]