編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

日本オラクル、「OCI」のアップデートを解説--VMware環境、セキュリティ分野など

藤本京子

2022-05-30 09:30

 日本オラクルは5月27日、この半年間における「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)の主なアップデートについて説明会を開催した。具体的には、OCIそのものに加え、「Oracle Exadata Cloud Infrastructure X9M」や「Oracle Cloud VMware Solution」、そしてセキュリティ機能についてのアップデートだ。

 まず、3月にはOCIの柔軟性を高める11の新サービスや機能を発表、年内の提供予定としていた。そのうちコンピュートの分野では、AMDの最新世代プロセッサーを利用したインスタンス「AMD E4.Dense Compute Instances」と、AMDベースの新しいコアオプションを提供する「Oracle Cloud VMware Solution on AMD」が既にリリースされたほか、ストレージ分野では、ZFSファイルサーバーをOCI Block Volumes RAWストレージに使用する「High Availability ZFS」がリリースされた。また、ネットワーク分野では、WAFポリシーを定義する「Flexible Web Application Firewall」、構成ベースの接続性チェックを実行してネットワークパスをパス内の仮想ネットワークエンティティー情報とともに可視化する「Network Visualizer」、OCI Networkで帯域外でのパケットキャプチャーやインスペクションができる「vTAP」が既に利用可能となっている。

Oracle Cloud Infrastructureの新サービスと追加機能
Oracle Cloud Infrastructureの新サービスと追加機能

 こうした新サービスのほかに、東京と大阪の2つのリージョンで、4月1日に運用開始した新しい学術情報ネットワーク「SINET6」に対応した。日本独自の仕組みだが、「必要に応じて日本独自の要件にも対応している」と、事業戦略統括 事業開発本部 部長の大橋雅人氏は述べている。

 Oracle Exadata Cloud Infrastructure X9Mでは、従来モデルと比べてCPUコアを2.5倍搭載し、ストレージ容量を28%増加するなど、「従来と同一価格でより多くのコンピュート、ストレージ、ネットワークを提供、さらなる高速化を実現している」(事業戦略統括 事業開発本部 本部長 佐藤裕之氏)という。

Oracle Exadata Cloud Infrastructure X9Mのアップデート
Oracle Exadata Cloud Infrastructure X9Mのアップデート

 既存のVMware資産のクラウド移行を支援するOracle Cloud VMware Solutionでは、新しいサーバータイプを増やし、ワークロードに合わせてサーバーを選べるようにした。また、ストレージはOCI File Storage Serviceに対応、ストレージの増減に柔軟に対応できるようになった。さらに、VMwareとのアライアンスで製品を検証し、「Site Recovery Manager」「vRealize Operations Cloud」「vRealize Automation Cloud」「vRealize Log Insight Cloud」「vRealize Network Insight Cloud」「Horizon VDI」といったVMware製品もOCI上で利用可能となった。

 Oracle Cloud VMware Solutionの新たな事例も発表した。2020年の株式譲渡でSBSホールディングスのグループ会社となったSBS東芝ロジスティクスが、同ソリューションを活用。アプリケーションや運用の変更が不要になったことから、「6カ月という短期間で基幹システムのクラウド移行を完了した」(事業戦略統括 事業開発本部 シニアマネージャー 近藤暁太氏)という。

Oracle Cloud VMware Solutionのアップデート
Oracle Cloud VMware Solutionのアップデート

 セキュリティ分野では、5月25日に5つの新セキュリティサービスを発表した。Palo Alto Networksの次世代ファイアウォールを採用したマネージドファイアウォールサービス「OCI Network Firewall」と、ユーザーが適用ポリシーを定義できる「Oracle Security Zones」、脅威インテリジェンスデータを集約・管理し、OCIサービスで脅威の検出や予防ができる「Oracle Threat Intelligence Service」、リスクにつながるユーザーの振る舞いを機械学習し、データサイエンスを適用して検知する「Oracle Cloud Guard Threat Detector」、業務アプリケーション「Oracle Fusion Cloud Applications」における特権ユーザーの変更などを監視する「Cloud Guard Fusion Applications Detector」だ。

 これらの新セキュリティサービスは、OCI Network Firewallを除いて全て無償で提供するという。

新しいセキュリティサービス
新しいセキュリティサービス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]