編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

三井情報、三井E&Sマシナリーの大分工場へローカル5Gを導入

NO BUDGET

2022-06-09 15:22

 三井情報は、大分工場へのローカル(施設型)5G構築を開始した。同工場では、三井E&Sマシナリーが遠隔操作型のタイヤ式門型クレーン(RTG)を開発している。

 三井情報と三井E&Sマシナリーは2023年9月に清水港へローカル5G対応のRTG導入を予定しており、それに向けて2022年10月から大分工場でローカル5G適用の試験を行う。

 三井E&Sマシナリーでは、現在開発に取り組んでいる遠隔操作型RTG「遠隔操作トランステーナ」(トランステーナ)で重要となる、遅延の少ない映像と制御信号の提供に向けてローカル5Gの適用を検討しており、ローカル5Gの知見がある三井情報と共に取り組みを開始した。

 三井情報は三井E&Sマシナリーの大分工場における無線局免許の取得を支援し、ローカル5G基地局を導入するとともに、トランステーナの商用運用に向けて試験を進める。

 トランステーナは、三井E&Sマシナリーの100%子会社・米パセコが商標登録している。三井E&Sマシナリーは、米パセコのライセンシーとして、トランステーナの開発・製造を行っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]