編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

キヤノンMJ、監視カメラのクラウド録画もできる映像管理サービスを発表

ZDNet Japan Staff

2022-06-20 15:25

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は6月20日、ネットワークカメラの映像をクラウド環境に録画して活用できるとする新サービス「VisualStage Pro powered by Arcules」を発表した。7月1日に開始する。

 新サービスは、米Arculesが開発を手掛けるクラウド型映像監視サービス「VisualStage Pro」をキヤノンMJが国内で提供するもの。これまでキヤノンMJは、Milestone Systemsが開発する映像管理ソフト「Milestone XProtect」を販売。Arculesは、Milestone Systemsから分社した企業になる。

 新サービスでは、専用ゲートウェイを使って、ネットワークカメラの映像をクラウド環境に録画保存し、さまざまな場所から確認できるほか、映像解析プログラムと組み合わせたデータ分析などができるようになるという。既存のネットワークカメラシステムの場合は、オンプレミスのレコーダーを新サービスの専用ゲートウェイに入れ替えて利用する。またVisualStage Proは、約6000種類のネットワークカメラに対応しているとのことだ。

 新サービスのメニューは、全ての映像をクラウド側で録画する「Pure Cloudモード」(月額1200円から)と、専用ゲートウェイに映像を録画してクラウド経由で閲覧する「Edge Cloudモード」(同1100円)になる。専用ゲートウェイの利用料はオープン価格。Pure Cloudモードおよび専用ゲートウェイには、12カ月の最低利用期間が設定される。

 従来の一般的なネットワークカメラシステムは、監視カメラをLANなどに接続して、映像をオンプレミスのレコーダーに録画保存する仕組みのため、映像データをインターネット経由で活用することが難しい。キヤノンMJは、新サービスの専用ゲートウェイを使うことで、導入コストを抑えながら従来のネットワークカメラシステムをクラウドに対応させることができると説明している。

 なお、クラウド録画時に通信障害などが発生した場合は、いったん専用ゲートウェイに録画して復旧時に自動でクラウド環境へアップロードするため、録画の欠損を回避できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]