編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

NTT東日本と調和技研、農作物の集荷配送ルート最適化のAIプログラムを開発

寺島菜央 (編集部)

2022-07-04 18:02

 NTT東日本 北海道事業部と札幌市に本社を置く調和技研は7月4日、人工知能(AI)を活用した農作物の集荷配送ルート最適化のプログラムを開発したことを発表した。

 農作物の集荷作業は、農作物を積み込むためのタイヤショベルと、運搬するトラックを集荷場から農地などに配車する。タイヤショベルやトラックは台数や運転手に限りがあるため、出荷するまでに農作物が劣化してしまう場合があるという。

 農作物を効率的に出荷する必要がある一方で、日常的に集荷ルートを作成する担当者の負担や運転者不足などの課題もある。

現状の集荷作業イメージ
現状の集荷作業イメージ

 このような課題を解決するため、NTT東日本とAI研究開発などを行う調和技研は、タイヤショベルとトラックの最適なルートを地図上に表示するAIプログラムを開発。作業の開始時刻や集荷場所のリスト、トラック/タイヤショベルの台数、積み込み作業時間などの情報を入力することで、トラック/タイヤショベルの配車スケジュールや作業時間、総移動距離などを出力し、最適な配送ルートを示す。これにより、トラックの移動距離や待ち時間を削減すると同時に担当者のルート作成時間の軽減につながるという。

AIプログラムのイメージ
AIプログラムのイメージ

 また、集荷待ちの減少により、農作物の劣化抑制やトラックの移動距離の削減による化石燃料の削減、作業の効率化による労働力不足などの問題解消に期待が寄せられる。

 今後は、AIプログラムの機能を拡充させるとともに、2022年度秋の収穫時期に北海道の士幌町農業協同組合(JA士幌町)で実際の集荷配送業務に活用。効用の検証とAIの精度を高め、2023年度の本格的な導入を目指すという。

 このAIプログラムは、農業だけでなく経路選択が必要な流通分野への展開も見据えており、NTT東日本は地域課題の解決に貢献した取り組みを続けていく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]