JAフルーツ山梨、農作物の盗難対策の実証実験にクラウドカメラサービスを活用

NO BUDGET

2022-07-07 17:09

実証実験のイメージ
実証実験のイメージ

 JAフルーツ山梨(フルーツ山梨農業協同組合)は、農作物の盗難防止実証実験にクラウドカメラサービス「ソラカメ」を採用した。サービスを提供するソラコムが7月5日に発表した。主に夜間の農場の様子をカメラで撮影し、そのデータをリモートからリアルタイムに見れるようにするほか、夜間の監視パトロールと連携して盗難防止を強化する。

 ソラカメは、カメラの映像をクラウドに常時録画できるクラウドカメラサービス。カメラは初期費用2980円で設置でき、1台から導入可能だ。ユーザーはスマートフォンを用いてクラウドカメラを数分で迅速に導入できる。

 IoT通信を用いてクラウドに常時録画しており、過去の映像確認も容易だ。また、何か動きがあった際には「モーション検知」機能により、関係者にアラート通知する。

 今回導入するクラウドカメラサービス対応の小型カメラ「ATOM Cam2」は、一辺約5cmと小型・軽量で、磁石やカメラ台座に対応している。広角、フルHDの高解像度、夜間でもカラー映像で撮影できるカラーナイトビジョン、赤外線LEDによる白黒撮影も可能となっている。

ソラカメの各機能と特徴
ソラカメの各機能と特徴

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]