編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

大王製紙、パッケージのデザイン開発にAI活用--デザイン評価を最短10分で完了

寺島菜央 (編集部)

2022-07-26 17:09

 「エリエール」などの衛生用紙製品を展開する大王製紙は、パッケージのデザイン開発のため、デザイン評価サービス「パッケージデザインAI」を導入した。同サービスを提供したプラグが7月26日に発表した。

 パッケージデザインAIは、1020万人の消費者調査の結果を学習データに使い、プラグと東京大学が共同研究で製作したシステム。消費者がデザインをどのように評価するかを人工知能(AI)が予測する「評価AI」と、デザイン生成と評価を繰り返し行い、1000のデザイン案を生み出す「生成AI」の2つの機能が搭載されている。

 今回、大王製紙は「エリエール消臭+トイレットティシュー」のパッケージデザインのリニューアルに評価AIの機能を活用したという。デザイン開発の過程で社内調査を経て7つの案に絞り、さらに会場調査(CLT)にかけるデザインを絞り込む際に同システムを活用。デザインの好感度スコアをAIが予測し、好感度が高いものや伝えたいイメージの項目が高いものから3つの案を選定した。

パッケージデザインAIによる好感度予測スコア
パッケージデザインAIによる好感度予測スコア

 また、デザインのどの部分に注目するのかを可視化するヒートマップからも、3つの案は注目度が高く、訴求ポイントが伝わっていることが確認できた。

パッケージデザインAIによるヒートマップ
パッケージデザインAIによるヒートマップ

 選定された3案は実際に会場での調査が行われ、AIが予測した好感度スコアと会場調査での購入意向を比較すると、AI予測と会場調査の順位が一致したことが明らかになった。

パッケージデザインAIの評価と会場調査結果の比較
パッケージデザインAIの評価と会場調査結果の比較

 大王製紙では、以前はパッケージのデザイン開発において対面での消費者調査を行っていたが、新型コロナウイルス感染症の流行により対面での消費者調査が中止。十分な調査ができない状況の中で迅速にデザイン評価を行うため、パッケージデザインAIの導入を決めたという。

 従来の消費者調査では、調査設計から結果分析まで1~2カ月かかるが、同システムの場合は10~20分で評価結果が出る。また、消費者調査と比較して低コストで実施できることから、これまで調査を行わなかった期間限定品や軽微なリニューアルにも調査ができるようになったという。

 既に複数の商品で同システムを活用している大王製紙。H&PC部門 マーケティングコミュニケーション部の中村亘氏は、「今後はデザイン制作の工程内でAIを繰り返し使い、デザイン分析と修正を行い、より良いデザインの開発につなげていきたい」とコメントした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]