NEC、複数拠点のIT機器監視を代行する新サービス

ZDNET Japan Staff

2022-07-29 10:10

 NECは7月29日、IT運用管理のクラウドサービスを強化し、複数拠点の機器監視を代行する新メニュー「ICT機器監視通報サービス マルチサイトタイプ」と、運用保守業務専用の「セキュアリモートアクセスサービス」を発表した。9月下旬までに順次提供を開始する。

 ICT機器監視通報サービス マルチサイトタイプは、複数の拠点で稼働しているサーバーとスイッチ、ルーター、ストレージなどの機器を遠隔で同社が監視し、故障の検知と故障発生時の事業者への自動通報、原因調査支援などを行う。また、ウェブポータルを付帯し、ここでは障害対応情報をユーザーに提供。同社調査によると、ユーザーはこれを活用して障害対応の工数を6割削減できるという。

 提供開始日は7月29日。ウェブポータルの提供は9月下旬になる。料金は基本料が月額4250円(死活監視 100IPアドレスまで、SNMP Trap監視 5IPアドレスまで)。死活監視対象100IPアドレスごとに月額5000円、SNMP Trap監視 1IPアドレスごとに月850円が加算される。

 セキュアリモートアクセスサービスでは、RDPとSSHによるリモートアクセス環境を提供する。提供開始時期は9月下旬で、基本料金は月額7500円(サービス導入仮想マシン1台当たり。ユーザーライセンス5IDまで)。ユーザーライセンスを5ID追加ごとに月3000円が加算される。

サービス概要
サービス概要

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]