編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

グーグル、アジア太平洋で3つのクラウドリージョンを新設へ

Eileen Yu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-08-10 12:09

 Googleはアジア太平洋地域で新たに3つのクラウドリージョンを追加する計画を発表した。この地域では、データインサイト、オープンインフラストラクチャー、およびオンライン接続に対する需要が高まっている。マレーシアとタイ、ニュージーランドに開設される新リージョンは、既に運用されているアジア太平洋地域の11リージョンと、全世界の34リージョンに加わることになる。

 アジア太平洋地域のクラウドリージョンには、シンガポール、インドネシア、日本、韓国、インドが含まれ、それぞれ3つのゾーンで構成されている。今回追加される3つの新しいリージョンも、サービスの中断を防ぐためにそれぞれ3つのゾーンを備えており、オークランド、バンコク、クアラルンプール、サイバージャヤにあるGoogleの既存の相互接続ロケーションによってサポートされるという。Google Cloudのアジア太平洋地域担当バイスプレジデントのKaran Bajwa氏によると、これらは、顧客のオンプレミスネットワークとGoogleのグローバルクラウドネットワークを直接接続するという。

 Bajwa氏は米ZDNetによる電子メールでの取材に応じ、3つの新クラウドリージョンの運用開始時期はまだ確定しておらず、数カ月以内に詳細を発表するとした。また、Googleは3つのそれぞれの市場で新しいリージョンを開設する具体的な都市を特定する作業に取り組んでおり、数カ月以内により詳しい情報を発表する予定だという。

 アジア太平洋地域のそれら3つの市場におけるGoogleのクラウド顧客ベースの規模について尋ねたところ、同氏は具体的な数字を挙げることは控えたものの、現在の顧客には、マレーシアのAxiata Group、JB Cocoa、KPJ Healthcare、ニュージーランドのKami、Trade Me、Vodafone、タイのAnanda Development、Krungthai Bank、Siam Cement Groupが含まれていると述べた。

 同氏によると、それら3つの市場では、データからより多くの洞察を引き出して、ビジネス上の意思決定を促進し、変化するビジネス要件に適応できる「オープンかつ柔軟な」インフラストラクチャーに対する需要が高まっており、Googleはそのことを認識しているという。

 また、従業員がハイブリッドワーク環境の中でつながり、共同で作業する方法や、顧客との関わり方を変革することに対する需要もあるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]