アンチパターン、SaaS開発を支援する「SaaSus Platform」をベータ提供

藤本和彦 (編集部)

2022-08-16 11:19

 アンチパターンは8月16日、同社が保有するSaaS開発のナレッジをSaaS化した「SaaSus Platform」のベータ版を、7月30日に公開したと発表した。ベータ期間中は無償としている。

 同社は、「日本のソフトウェアエンジニアを憧れの職業へ」を理念に掲げるスタートアップ。ソフトウェア開発支援やエンジニア特化型マッチングサービス、大学生向けプログラミング学習コミュニティーなどを展開する。

 SaaSus Platformは、「SaaS開発を支援するSaaS」をうたうサービス。マルチテナントSaaSの認証やユーザー管理、テナント管理、役割(ロール)管理、料金プラン管理など、SaaS開発に必要な基本的な機能を備える。これにより、SaaSビジネスなどを検討する組織が市場投入の期間とコストの短縮を図れるという。

SaaSus Platformのサービス概要
SaaSus Platformのサービス概要

 また、料金プランの多様化や従量課金制の導入、セキュリティ要求への対応、役割ごとのアクセス管理、請求の自動化、といったSaaS開発において発生する要望に応えることができるとする。

 同社によると、日本ではこのようなSaaS特有の要件があるという認知がまだ広がっておらず、SaaS事業者がプロダクトの開発・運用を行う中で試行錯誤を繰り返し、苦心している状況だという。そこで、同社は自社の持つSaaSのナレッジを集約し、SaaSus Platformを開発・提供するに至ったとしている。製品版のリリースは2022年内を予定している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]