編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

「iPhone」で特定アプリのアップデートを優先するには

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-08-20 08:30

 「iOS」のアプリ更新は全体的に円滑に遂行されるように思える。しかし、実行すべき更新が多数存在するために、急いで使いたいアプリが更新キューに追加され、グレーアウトされることもある。

 そして、ほかのすべてのアプリが先に更新され、必要なアプリが使用できない状態になる。

 とはいえ、特定のアプリを優先して次にダウンロードしたり、ほかのダウンロードをキャンセルしたりすることも可能である。

 本記事では、それらの機能を使用する方法を紹介する。

 下のスクリーンショットでは、多数のアプリが更新されている。その数は約30個だ。その中に、急いで使用したいアプリがあるとしよう(ここではYouTubeアプリ)。iOSがほかの多くのアプリを更新している間、YouTubeアプリは何分間もグレーアウトされている。

大量のアプリがダウンロードされている。提供:Adrian Kingsley-Hughes
大量のアプリがダウンロードされている。
提供:Adrian Kingsley-Hughes

 それを制御する方法がある。ただし、iOSのほかの多くの設定と同様、この設定も隠されているので、アクセス方法を知らない人がこの機能を偶然見つける可能性は低い。

 使用したいアプリのアイコンを長押しすると、いくつかのオプションを含むメニューがポップアップ表示される。ここで注目すべきなのは、「Prioritize Download」(ダウンロードを優先)と「Cancel Download」(キャンセル)という2つのオプションだ。

YouTubeアプリを長押しすると、ダウンロードオプションのメニューがポップアップ表示された。提供:Adrian Kingsley-Hughes
YouTubeアプリを長押しすると、ダウンロードオプションのメニューがポップアップ表示された。
提供:Adrian Kingsley-Hughes

 これらの設定の役割は、名前の通りである。

 「Prioritize Download」(ダウンロードを優先)を選択すると、そのアプリが次に更新される。一方、「Cancel Download」(キャンセル)を選ぶと、ダウンロードがキャンセルされる。

優先したYouTubeアプリが更新されている。提供:Adrian Kingsley-Hughes
優先したYouTubeアプリが更新されている。
提供:Adrian Kingsley-Hughes

 そのアプリの更新を次にダウンロードするオプションか、そのダウンロードをキャンセルして古いバージョンを実行するオプションのいずれかをタップしよう。どちらを選んでも、そのアプリをより迅速に起動することができる。

 低速な接続で複数のアプリをダウンロードしようとしているときに、特定のアプリをすぐに使用する必要が生じた場合、本記事で紹介した小技は非常に便利である。

提供:guteksk7/Adobe Stock
提供:guteksk7/Adobe Stock

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]