世界のICTが集まるアイルランド

アイルランドにおけるサイバーセキュリティの最新事情

ロバート ネスター (アイルランド政府産業開発庁)

2022-09-05 06:00

 サイバーセキュリティの調査研究を行うCybersecurity Venturesによると、サイバー犯罪による被害額は年間6兆ドル(4兆8500億ユーロ)と推定され、この数字は世界経済のほぼ10%に相当するとのことです。また、米メリーランド大学は、研究によって世界中で平均39秒に1回のハッカー攻撃が行われていると指摘しています。このようにあらゆる情報がデータ化され、世界中からデータ化された情報へのアクセス可能となった現在社会においては、サイバーセキュリティの対策・対応が急務となっています。

 外務省のサイバー政策担当大使を務める有馬裕氏は、サイバーセキュリティに関する国連のオープン・エンド作業部会において、サイバー空間があらゆる活動にとって不可欠な経済・社会インフラとなったことにより、各国がサイバー攻撃に対して脆弱になり、大きなセキュリティリスクを抱えることになったと指摘しています。外務省では、自由で開かれた安全なサイバースペースを守り、強化するためには、各国・各地域との協力と連携が最も重要であると考え、さまざまな取り組みを行っているようです。

 こうした中でアイルランドは、高付加価値産業クラスターの発展を促進する貿易・投資促進政策などの海外市場にとって魅力的な資産や資格を数多く有しており、サイバーセキュリティ分野においてもその重要性をいち早く認識し、国家を挙げてその対応に当たったことで、現在では世界の主要なサイバーセキュリティ大国の一つとなっています。

アイルランドのサイバーセキュリティ分野への対応

 アイルランドには、サイバーセキュリティソフトウェアの世界トップ10企業のうち6社が進出し、産学官で関連スキルを持つ3万人の専門家がいます。さらには欧州連合(EU)全体のデータのうち約30%を保有し、欧州委員会の「デジタル経済社会指数(DESI)2019」では、EU加盟28カ国中7位にランクされています。

 こうした事実や状況を背景にアイルランド政府は、早くからサイバーセキュリティを国家戦略上の重要課題と位置付けるとともに、国際法が適用されるサイバー空間上の脅威への対処や規範の構築などには政府間レベルでの交渉や連携が必要になることを踏まえ、国内のサイバークラスターを対象とした正式な組織・団体を設立する必要性を強く認識し、その準備に取り組みました。

 その結果、2019年に「アイルランド・サイバーセキュリティ・クラスター」が正式に発足しました。アイルランド政府産業開発庁の支援を受けたこのサイバーセキュリティ・クラスター組織は、この分野のニーズを代表するステークホルダー(課外関係者)を集め、全国的なクラスターに属する企業や組織のイノベーション、成長、競争力を強化することを任務としています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]