ソシオネット、ノーコード開発ツールを活用したIT内製化を支援

寺島菜央 (編集部)

2022-09-06 14:25

 ソシオネットは9月6日、「ノーコードで進めるIT内製化支援サービス」の提供開始を発表した。同サービスでは、ノーコード開発ツールを活用し、顧客の社内人材をシステム開発人材へと再教育するとしている。

 最近では、自社のシステム開発を行う際、自社で専門知識を持つ社員を育成し、システム開発の主導権を自社の人材に回帰させてIT内製化を進め、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業が増えている。一方で、IT内製化をするに当たり、社内のIT人材の不足やノウハウの少なさ、DX推進体制が整っていないなどの課題を抱え、IT内製化を進められずにいる企業も少なくないという。

 そこでソシオネットは、「AppSheet」「PowerAutomate」「PowerApps」「IFTTT」などのノーコード開発ツールを使用し、顧客の社内人材をノーコード開発人材へと育成する支援サービスを開始した。

 同社は、ノーコード開発ツールの利点として、システム開発の経験がなくてもアプリケーションの作成が可能であることや、業務担当者が開発することで業務要件を正しくアプリケーションに反映し、変更があった場合でも迅速に対応できる点を挙げた。また、リソースやロジックなど、実行に必要な要素はすべてツールに格納されているため、ベンダー依存からの脱却が期待できるとしている。

ノーコード開発のメリットと特徴
ノーコード開発のメリットと特徴

 ノーコード開発支援の流れとしては、まず既存業務からIT化推進の対象を洗い出し、パイロットプロジェクトを選定。プロジェクト期間中に伴走を通じて顧客の人材をリスキリングしながらIT内製化をサポートする。このプロセスを繰り返すことで、自立したDX組織への変革を支援し、IT内製化支援サービスを通して、顧客のDX推進をする機運を高めるとしている。

IT内製化に当たっての課題
IT内製化に当たっての課題

 実例として、同社ではPowerAutomateで各社員からの問い合わせや作業依頼を自動化して担当チームへアナウンスをしたり、営業部門への月末業務の一部のリマインドを自動化したりと、IT内製化を実現。これにより、問い合わせサイトの確認や、手動でリマインドする手間がなくなり、作業効率が向上したという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]