編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
「ひとり情シス」の本当のところ

第59回:ひとり情シスは「IT介護」なのか?

清水博 (ひとり情シス協会)

2022-10-27 07:00

アイコンの図柄が変わると分からない

 社内のデジタル化やIT化を進める上で、社員のITリテラシーを高めることは重要ですが、全く異なるアプローチを取る会社もあります。例えば、PCのOSを更新すると画面のデザインやアイコンが変わることがあります。若手の社員なら新しい環境に難なく慣れるでしょうが、高齢のシニア社員はPCの前で固まってしまうかもしれません。アイコンの図柄やメニューバーの色が少し変わっただけでも、「いつもと違う……」と困惑してしまうものです。IT担当者が「バージョンが変わるとこうなるものなんですよ」と説明しても、なかなか要領を得ません。

 そうした話が社長に伝わったところ、驚くべき対応が取られました。なんと「操作環境を前と同じにしてくれないか」とひとり情シスに懇願したのです。そこで、ひとり情シスはしぶしぶ、旧環境の使い慣れたアイコンやユーザーインターフェース(UI)を新環境で極力再現しました。その結果、シニア社員でも問題なく操作できるようになったといいます。

 現在は人材不足に悩んでいる会社が多いため、シニア人事を積極的に活用したいところです。こちらの会社では、シニア社員が働く上での心理的安全性を社長が非常に大事にしているので、多くのシニア人材が集まっています。地域のシニア人材の多くがここで働きたいと言っているのを、同業他社も羨んでいるそうです。シニア社員がITで困惑するのはアイコンやメニューバーなどの変化に限った話ではありませんが、アイコン一つにも困惑する社員の気持ちにまで丁寧に寄り添ってIT化を進めることの大切さを示唆しています。

IT介護の意味

 手間のかかるユーザーのサポートを現在では「IT介護」と揶揄(やゆ)する傾向もありますが、これは少し残念なことです。介護とは、病人や老人などを助け、守ることであり、現役社員を手厚く世話することとは違います。今後のIT環境はますます高度化するため、現役世代は今以上にITリテラシーを高めなくてはなりません。

 2021年の世界デジタル競争力ランキングのうち、個人の資質である「デジタルテクノロジースキル」については、驚くべきことに日本は世界64カ国中で下から2番目の62位であり、世界の底辺国です。そのため、一人一人のITスキルを向上しなければなりません。

 ITリテラシーの高い社員の中には、将来どのような技術変革が起こってもついて行けると自負している人も多いと思われます。しかし、人は誰でも老いるものです。日本神経学会の「認知症疾患診療ガイドライン」では、認知症だけではなく老化による現象についても説明されています。「今まで当たり前に覚えていた人名や地名を忘れてしまう」「全般的に『うっかり』の物忘れが進む」「思い出すまでに時間がかかる」「ヒントがあればどうにか思い出せる」など、悲しいことですが、衰えは誰にでもやってきます。しかし、継続雇用制度などの見直しがさらに進み、定年年齢が引き上がるかもしれません。

 国際連合人口基金(UNFPA)が発表した平均寿命の世界ランキング・国別順位(2022年版)で、日本は男女ともに1位です。デジタルの力を使ってシニア社員がいつまでも負担なく働けるようにすることは、大きな世界貢献につながると思います。ITやデジタルでさまざまなことを支援できる、そんな世界一優しい国に日本がなるといいなと願うばかりです。

清水博
清水博(しみず・ひろし)
一般社団法人 ひとり情シス協会
早稲田大学、オクラホマ市大学でMBA(経営学修士)修了。横河ヒューレット・パッカード入社後、日本ヒューレット・パッカードに約20年間在籍し、国内と海外(シンガポール、タイ、フランス)におけるセールス&マーケティング業務に携わり、米ヒューレット・パッカード・アジア太平洋本部のディレクターを歴任、ビジネスPC事業本部長。2015年にデルに入社。上席執行役員。パートナーの立ち上げに関わるマーケティングを手掛けた後、日本法人として全社のマーケティングを統括。中堅企業をターゲットにしたビジネスを倍増させ世界トップの部門となる。アジア太平洋地区管理職でトップ1%のエクセレンスリーダーに選出される。2020年定年退職後、会社代表、社団法人代表理事、企業顧問、大学・ビジネススクールでの講師などに従事。「ひとり情シス」(東洋経済新報社)、「ひとり情シス列伝」(ひとり情シス協会出版)の著書のほか、ひとり情シス、デジタルトランスフォーメーション関連記事の連載多数。産学連携として、近畿大学CIO養成講座、関西学院大学ミニMBAコース、大阪府工業協会ひとり情シス大学1日コースを主宰。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]