江戸川区、庁内での問い合わせ対応にチャットボット導入--感染対策と業務の適正化へ

大場みのり (編集部)

2022-10-28 15:42

 東京都江戸川区は、「LGWAN ASP」に対応したマインドシフトのチャットボット「LogicalMind for LGWAN」を導入した。マインドシフトが10月28日に発表した。

 LogicalMindは、過去の問い合わせ記録や頻出する質問と回答のデータを用いて容易に導入でき、質問から回答にたどり着くためのシナリオを作成する必要がない。利用者の傾向を学習しながら質問に対する回答の重み付けを行う機能とキーワードや質問候補の追加を推薦する機能により、スムーズに運用できるという。

 同サービスは、質問の文章や含まれているキーワード、これまでの利用傾向を分析し、登録された回答の中から適切なものを推薦する。こうした機能により、回答内容の整備にかかる労力を削減できるとしている。

 江戸川区は、コロナ禍において庁内での問い合わせで職員同士が接触する機会を減らすこと、適正な事務作業の執行を確保することに課題を抱えていた。そのため、通常業務において職員からの問い合わせが多い情報システムに関する問い合わせへの対応について、自席のPCから利用可能なLGWAN ASPで運用できるLogicalMind for LGWANを導入した。江戸川区は今後、幅広い庁内業務への拡充を検討しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]