アマゾン、約1万人の人員削減を計画か--週内にも

Sarah Lord (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-11-15 09:49

 相次ぐIT企業の人員削減の波に、Amazonが続こうとしている。同社は従業員の約3%に相当する約1万人を解雇する、同社史上最大規模の人員削減を計画していると、The New York Times(NYT)が米国時間11月14日に報じた。

Amazonのロゴ
提供:James Martin/CNET

 NYTによると、今回の人員削減の影響を受けるのは主に、音声アシスタント「Alexa」などを手掛けるデバイス部門と小売部門、および人事部門だという。早ければ週内にも解雇が始まる可能性がある。

 Amazonにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

 同社の第3四半期決算(9月30日締め)では、売上高は増加したが利益は予想を下回り、第4四半期の見通しも売上高と利益がともに予想を下回った。

 この数カ月の間に、最高経営責任者(CEO)のAndy Jassy氏は、配送ロボット「Amazon Scout」のテストを停止した。また、遠隔医療サービス「Amazon Care」と、長年提供してきたオンラインの生地ストア「Fabric.com」を終了した。NYTによると、人員の自然減少率も高く、解雇と合わせて従業員数は4~9月の間に約8万人減少したという。Amazonは9月、小規模チームの採用凍結を発表したのに続いて、11月には全社で雇用を凍結すると発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]