AWS re:Invent 2022

ウクライナでも活動--非常事態に重要データを救うAWSのプロジェクト

國谷武史 (編集部)

2022-12-02 06:30

 自然災害や戦争、紛争などの非常事態では、組織の重要なデータが失われてしまう恐れがある。Amazon Web Services(AWS)の年次イベント「Re:Invent 2022」では、同社が非常事態に重要データを救うプロジェクトの様子を紹介していた。緊急事態が発生している国や地域の非政府組織(NGO)などの要請を受けて出動しているといい、実際に台風被害に見舞われた東南アジア諸国など世界各地で実績があるという。また、ロシアの侵攻を受けているウクライナ政府のデータを救出したという。

(取材協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社)

重要なデータを救出するための装備を自動車に搭載している。使用する車両はその時々で選択するそうだ

重要なデータを救出するための装備を自動車に搭載している。使用する車両はその時々で選択するそうだ

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]