AWS re:Invent 2022

AWSの「re:Invent 2022」開幕--3年ぶり通常開催

國谷武史 (編集部)

2022-11-29 08:00

 Amazon Web Services(AWS)の年次イベント「re:Invent 2022」が米国時間11月28日、米国ラスベガスで開幕した。コロナ禍を経て3年ぶりの通常開催となり、会場も以前の人混みがほぼ戻っている。開幕初日午前の現地の様子をレポートする。

 近年のre:Inventは、コロナ禍の2020年がオンライン開催のみ、2021年はリアル会場への来場者を限定してのハイブリッド開催となった。コロナ禍直前の2019年は、ラスベガスの多数のホテルを会場に、約6万5000人が来場するIT業界屈指の規模のイベントだった。

 通常開催に戻った今回は、主会場のVenetianホテル周辺を見る限り、最も人混みが激しい時間帯の来場者は2019年と同等かそれ以上に多いように感じる。ただ、ゲームカウンターのようなちょっとした“出し物”はやや少ないようだ。また以前と異なるのは、マスクを着用した来場者をある程度見かける点だろう。

 会場内では久々のリアルでの再開を喜び合う姿もあちらこちらで見られている。

AWSの「re:Invent」は3年ぶりに通常開催となった。

AWSの「re:Invent」は3年ぶりに通常開催となった。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]