学研ホールディングス、出張・経費管理SaaSを導入--グループの業務効率化、働き方改革推進を目指す

NO BUDGET

2022-12-01 16:08

 学研ホールディングス(学研グループ)は、経費管理基盤として「SAP Concur」の製品群を採用した。コンカーが11月30日に発表した。

 導入製品は、経費精算・管理「Concur Expense」、請求書管理「Concur Invoice」、請求書AI-OCR・補正入力代行「Invoice Capture」、利用者の操作・定着支援サービス「Concur User Assistant by WalkMe」、交通系ICカード(Suica)自動連携「ICCI(IC Card Integration)」である。加えて、専門コンサルタントが分析レポートを代行作成する「レポーティングサービス」も導入している。

 学研グループでは、グループの働き方改革の推進とガバナンスの強化を目指し、これらの製品を教育・出版事業を主とする8社の社員1900人に先行して展開する。従来の紙を中心としたアナログ業務をクラウドサービスにシフトすることで、職種・役職に関わらず、大幅な生産性向上や場所を問わない働き方を可能にする。

 今回の導入によって経費精算業務における作業時間を削減し、モバイルアプリの活用で場所や時間を問わずに申請・承認作業を可能にする。また入力ミス・不正を事前に防止することで、ガバナンス面での効果も期待されるほか、改正電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応する。さらに領収書の電子化が促進され、ペーパレス化も実現できる。

 SAP Concurについては、グループ共通基盤として利用可能なプラットフォームとして、外部サービスとの連携によって改革効果の享受が可能なことや、多数の導入実績に基づく知見を有していることが評価された。またシステムの導入段階から稼働後の変化対応・改善までカバーするサポート体制も採用のポイントとなった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]