DataRobot、AIコンプライアンスの日本語文書作成機能を公開

ZDNET Japan Staff

2022-12-15 13:42

 米DataRobotは12月15日、企業が作成した人工知能(AI)モデルに関する日本語のコンプライアンスドキュメントを作成、付与する機能を公開した。AIの管理とガバナンスの強化を支援する。

 この機能では、DataRobotのサービスあるいは同社以外の方法(「Python」「R」「SAS」など)で構築されたAIモデルを登録すると、例えば、エグゼクティブサマリーとモデルの概要、モデルデータの概要、モデルの理論的なフレームワークと手法、モデルのパフォーマンスと安定性といったコンプライアンスドキュメントを自動的に作成、付与する。米国銀行業界のAIモデルのリスク管理に関するガイダンス「Federal Reserve System SR 11-7」に対応するドキュメントも自動構成する。

機能画面
機能画面

 企業でAIモデルの開発、利用が進み、同社は規制が厳しい業界などで、AIモデルが意図したビジネス目的に対して適切であることや、モデルが概念的に健全であることなどを証明すること求められるようになったと説明する。

 日本でも2019年に内閣府の「人間中心のAI社会原則」、2021年に金融庁が「モデル・リスク管理に関する原則」、2022年に経済産業省が「AI原則実践のためのガバナンス・ガイドライン ver. 1.1」をそれぞれ発行済み。AIモデルを開発する日本企業に、透明性のあるAIモデルのガバナンスとコンプライアンスが強く求められるため、新機能で日本語によるドキュメントを作成できるようにした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]