編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」
IT企業の年頭所感

AIで成功を勝ち取る3つのポイント--DataRobot ジャパン カントリーマネージャー・馬場氏

ZDNet Japan Staff

2022-01-11 07:45

 2022年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

DataRobot ジャパン カントリーマネージャー 馬場道生氏

 2021年の日本では、長く続くパンデミックがもたらす生活様式の変容のため、 顧客接点のデジタル化やリモートワークといった、デジタルトランスフォーメーション(DX)が定着したことで、今まで取得が困難であったさまざまなアナログ情報もデジタル化され、データとして取得可能になりました。

 ビジネスデータの総量が飛躍的に増加し、その価値が高まる一方で多くの企業は収集したデータの巨大な可能性に気づきながらも、ビジネスに有効なインサイトを獲得することに苦労しています。

 しかし、この激動の時代の中においても着実に人工知能(AI)活用を推進し、成果を出している企業が少なからず存在しています。彼らは変化の時代においてもビジネスを止めることなく成長を続けていくために、膨大なデータから真のビジネス価値を生み出しています。

 DataRobotもそれら先進企業のAI活用を支援すべくAltimeter CapitalとTiger Globalの主導で3億ドルの資金調達を達成し、新たなエンドツーエンドのAIプラットフォームである「AI Cloud プラットフォーム」をローンチするなど、より多くのお客様におけるAIサクセスを実現するために進化を遂げた1年でもありました。

 これもひとえにお客さまやパートナー企業をはじめ、皆さまからの格別のご支援とお引き立てを賜ることができた結果であると考えております。改めて、深く感謝の意を表明します。

 私たちはこれからもAIの巨大なパワーによってお客様のビジネスを成長させるべく、 「 2022年にAIで成功を勝ち取る10のキーポイント」を発表いたしました。新年を迎えるにあたり、特に日本において重要なポイントと考える「ディシジョンインテリジェンス」「エンドツーエンドのAI」「MLOpsの台頭」の3つのポイントに触れ、企業がデータをどのように活用できるかを掘り下げたいと思います。

 2022年のビジネスにおける、データ活用のヒントとなれば幸いです。

(1)ディシジョンインテリジェンス

 自社のビジネスにおいて、意思決定はどのようになされているでしょうか。 多くの組織にとって意思決定は不確実性に包まれた複雑なプロセスであり、ルール化されていない場合も多いと思います。これからのビジネスにおいては、AIによってデータから導き出された価値のある情報を元に意思決定をすることが求められます。DataRobotの「ディシジョンインテリジェンスフロー」では、機械学習モデルの予測に加えてビジネスルールに則った最適な業務上の判断に変換してスマートな意思決定を行うことを支援します。

(2)テックスタックの統合:エンドツーエンドのAI

 AI技術の導入には大きな負担が伴うにもかかわらず、多額の先行投資を行うのはなぜでしょうか。それは、投資を超えるプラスのリターンを無視することができないからです。

 調査( DataRobot, Driving ROI with AI, 2020)によると、AI活用をリードする企業はその5倍もの利益を生み出しています。投資利益率(ROI)は、AI導入に遅れをとっている後発組の企業よりも高いのです。AIを導入する組織は生き残り、そうでない企業は大きな遅れをとることになります。

 また、企業にはシステム同士を連携させることが困難な別々のツールではなく、単一のエコシステムとなるエンドツーエンドのAIソリューションを採用することが不可欠です。これは、企業が基盤となる技術インフラから独立できるようなソリューションを採用することを意味します。このアプローチでは、クラウドまたはオンプレミスの自社インフラのどこでホストされているかにかかわらず、 AIの成果物を自由に移動させながら、3大クラウドのいずれかにデプロイし自社のAIを管理することができます。

(3)MLOpsの台頭

 AIの運用において、もっとも重視すべき機能の1つがMLOpsではないでしょうか。私たちは、稼働中のモデルからビジネス上の価値ある情報を得ています。そのため、企業の競争優位性は本番環境にあるAIモデルをいかに早く展開し、反復して運用できるかにかかっています。つまり、AIのスピードとスケールが重要なのです。MLOpsは、そこにあるいくつかの重要な課題に対する解決策を提供します。

 MLOpsは、AIの継続的な統合と展開のための単一環境を提供し、それによって、ほとんどの組織がAIプロジェクトで直面する複雑さを大幅に軽減することができます。 このソリューションにより、そのモデルがどこでホストされ、どのように展開されているかにかかわらず、 あらゆるものを、 あらゆる場所で一元的に管理・監視することが可能となるのです。

 みなさまの組織で運用されているAIシステムは、今回ご紹介した3つのキーポイントについて実現できているでしょうか。DataRobot AI Cloud プラットフォームは、AIで成功を勝ち取るためにこれら3つキーポイントだけでなく、さらなる競争優位性を獲得するための重要な7つのキーポイントも網羅しており、お客様のAI 導入を加速させる単一の統合されたプラットフォームです。

 2022年、DataRobotは変化の多い時代にAIで成功を勝ち取ろうとするお客様に対して、 単一の統合されたプラットフォームと製造や流通・小売、金融、ヘルスケア、パブリックセクターなどの各業界のドメイン知識を豊富に備えたデータサイエンティスト、そしてAI戦略策定や次世代プラットフォーム構想を支援するAIネイティブな戦略的サクセスチームが一丸となって支援してまいります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]