東京ガス、ボットと人を組み合わせた問い合わせ環境構築--セッション数は前年比約1万件増

大場みのり (編集部)

2022-12-22 14:41

 東京ガスは、りらいあデジタルのチャットボット基盤「バーチャルエージェント」(VA)を導入した。りらいあデジタルが12月22日に発表した。同社は、自己解決が困難な問い合わせをスムーズに有人チャットへつなぐ設計や、VAを起点としたウェブサイトの導線変更などを行い、デジタルチャネルでの自己解決促進と顧客体験の向上を実現したという。

 東京ガスでは、電話やメール、FAQ(よくある質問)を中心にカスタマーサポートを運用していたが、2018年10月、新たな顧客接点によるユーザーの利便性向上に向けて、VAの利用に加え、アルファコムのチャットツール「M-Talk」を活用した有人チャットオペレーションも開始した。

 これにより、VAによる自己解決の促進だけでなく、それが困難な問い合わせをVAから有人チャットへつなぎ、オンライン上でスムーズに問い合わせられる環境を構築した。2022年2月からはユーザー自身の言葉を入力することで回答を得られるVAの特徴に着目し、ウェブ上の問い合わせ関連コンテンツをVA起点の導線にする取り組みを行っている。

 これによりユーザーは、サイトのさまざまなページから直接問い合わせでき、迷わず適切なページにたどり着いて疑問を解決することが容易になったという。その結果、VAのセッション数(問い合わせ数)は、前年比で約1万件増加した。2022年7月からは有人チャットでの対応範囲を拡大し、デジタルチャネルの利用比率向上に向けた取り組みを加速させている。

バーチャルエージェントの起動イメージ
バーチャルエージェントの起動イメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]