中部電力、ITコストマネジメント基盤にTBMツールを採用

藤本和彦 (編集部)

2023-01-17 12:58

 中部電力は、ITコストマネジメント基盤として、Technology Business Management(TBM)を実現するSaaS「Apptio」を採用した。ソリューションを提供するApptioが1月17日に発表した。

 中部電力グループは現在、「お客さまサービスの変革」と「業務の変革」の2軸でデジタルトランスフォーメーション(DX)戦略に取り組んでいる。その中で、IT組織が管理すべきデータ構造は複雑化し、さらには中部電力の分社化による影響もあり、IT予算の策定、期中管理、利用部門とグループ会社への配賦、課金管理にかかる非効率性と業務工数が課題となっていた。

 この状況を改善するため、ITコストマネジメントの高度化と効率化を目指し、TBMとその実践を支えるApptioのSaaSソリューションの導入を決定した。

 TBMは2007年にApptioの創業者であるSunny Gupta氏が提唱したメソドロジー。ITリソースから事業部門のニーズまでを統合的にマネジメントする手法で、テクノロジーの経営資源(ヒト・モノ・カネ)と投資ニーズを統合的にマネジメントし、ITの価値最大化を実践するものになる。

 中部電力は現在、ITコストマネジメントにおける業務効率の改善と属人性の解消を目指して取り組んでいる。手作業でのファイル集計によるITコストマネジメント手法から脱却し、TBMが提供するベストプラクティスに合わせて標準化した上で、Apptio上に段階的に実装する予定としている。

 また、最新のITコストとITサービスの利用状況のデータをApptio上に一元管理していくことで、可視化および分析効率の改善とデータ信頼性の向上を見込んでいる。Apptioの活用を拡大することで、TBMをベースとしたITコスト管理指標や重要業績評価指標(KPI)の整理を進め、ITコストの適正化に取り組んでいく。

 これらの取り組みにより、経営層をはじめとした各ステークホルダー(利害関係者)に対し、DX戦略の意思決定に必要となるITコストの情報提供を強化し、IT部門としての説明責任を果たしていくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]