凸版印刷、物流業務のデータを集約し運用状況を可視化--管理業務の省力化に寄与

寺島菜央 (編集部)

2023-01-23 15:47

 凸版印刷は1月23日、物流業務における課題解決をデジタルトランスフォーメーション(DX)で支援する物流DXソリューション「LOGINECT(ロジネクト)」の提供開始を発表した。第1弾として2月から「LOGINECTデータ可視化」を提供する。なお、提供開始に先立ち、資生堂が実施している物流データの活用実証実験に導入されている。

 LOGINECTデータ可視化は、物流業務において発生する倉庫内在庫や出荷実績、輸送車の積載量などのデータを集約し可視化するサービス。同社によると、企業ユーザーはこのサービスを活用することで在庫や輸送の状況が可視化でき、物流業務における課題解決施策の検討が迅速に行えるという。

 同サービスでは、分析に必要なデータの収集・変換・蓄積などの煩雑な工程が自動化され、ユーザーはデータ探索や分析に労力を割くことができる。また、同社によると標準フォーマット化したデータをクラウド上で一元管理できるため、組織間や担当者間でデータ共有と議論ができ、分析精度の向上につながるとしている。

「LOGINECTデータ可視化」の概要(提供:凸版印刷)
LOGINECTデータ可視化の概要(提供:凸版印刷)

 ほかにも、物流業務の全体像と出荷・在庫・配送など各業務の運用状況を、コスト・生産性を中心とした物流管理指標(物流KPI)で計測できる。各KPIは内容ごとに分かりやすいビジュアルを用いて可視化することで、分析業務の効率化を支援するという。

 また、国や業界団体が設定している50種類以上の物流業務の管理項目に基づいてデータやダッシュボードのレイアウトを標準化し、汎用(はんよう)サービスとして提供。そのため、企業ごとに個別の開発が不要で、初期導入費用やシステム改修などの必要がなく、費用を抑えて導入できるのが特徴だという。

 同サービスには1年限定の「ミニマムプラン」「スタンダードプラン」「プロフェッショナルプラン」が用意され、それぞれ月額7万5000円、15万円、30万円から提供している。ユーザー数や拠点数、自由分析を利用できるかでプランが異なる。

 凸版印刷は今後、同システムを、消費財メーカーを中心にさまざまな企業に提供し、2024年までに30社への導入を目指すという。また、LOGINECTにおいて無線タグ(Radio Frequency Identification:RFID)を活用したIoTソリューションや、グループ会社のアイオイ・システムが提供する倉庫内のデジタルピッキングシステムなどと連携した庫内従事者の稼働状況などの可視化、人工知能(AI)を活用した機械学習による物流業務の自動分析など拡充していくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]