MS、OpenAIに数十億ドルを追加出資--製品全体でのOpenAIモデル展開に向け

Zachary McAuliffe (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-01-24 09:38

 Microsoftは米国時間1月23日、「ChatGPT」と「Dall-E」の開発元である新興企業OpenAIとの提携を延長したことを発表した。これをもって、複数年にわたる数十億ドル規模の出資の第3フェーズに入ると、同社はブログ記事で述べた。

Microsoftのロゴを表示したタブレット
提供:Sarah Tew/CNET

 「われわれの提携のこの次期フェーズでは、あらゆる業界の開発者と組織に、それぞれのアプリケーションを構築・実行するための、『Azure』を利用した最高のAIインフラ、モデル、ツールチェーンが提供されることになる」と、Microsoftの会長兼最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏は記している。

 Microsoftは、スーパーコンピューティングシステムの開発と展開への投資を増やして、OpenAIの研究を支援すると述べた。また、同社のコンシューマーおよびエンタープライズ製品全体にOpenAIのモデルを展開するとも述べた。

 OpenAIは23日、Microsoftとは別にブログ記事を公開し、この出資を受けても、同社は利益上限付き(capped-profit)企業であり続けると述べた。Microsoftの出資により、「われわれは、ますます安全かつ便利で強力なAIに関する独立した研究と開発を継続できる」と、OpenAIは記している。

 MicrosoftとOpenAIの提携は、OpenAIが自社の人工知能(AI)実験の実行に、MicrosoftのクラウドコンピューティングソフトウェアAzureを使用することに同意した、2016年に始まった。その後2019年に、Microsoftは、新しいスーパーコンピューティング技術を共同開発するために、10億ドル(当時のレートで約1080億円)をOpenAIに出資した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]