サンドラッグ、契約締結・管理業務をデジタル化--社内全ての契約書を一元管理

NO BUDGET

2023-02-22 08:56

 ドラッグストアのサンドラッグは、電子契約サービス「BtoBプラットフォーム 契約書」を導入した。社内の全ての契約書を法務部で一元管理することで、3日以上かかっていた契約締結までのリードタイムを最短即日に短縮した。提供元のインフォマートが2月21日に発表した。

 BtoBプラットフォーム 契約書は企業間で交わされる契約をウェブ上で締結できるクラウドサービス。契約の締結・管理をデジタル化し一元管理することで、従来の契約業務にかかっていた手間とコストを削減する。社内承認をウェブ化するワークフローシステムや紙の契約書を電子化・保管する機能を備え、電子帳簿保存法にも対応している。

 サンドラッグでは、費用対効果が見込めるコスト感や契約当事者の双方で署名・認証する当事者型である点を評価した。また電子契約を進めるに当たって、インフォマートが有する豊富なノウハウを生かし、スムーズに対応できるのではないかと期待した。

 従来は紙ベースで契約書の処理を行っており、各部署で契約書を整理・保管していた。各部署での管理では、担当者が変わった際に引き継ぎされていなかったり、保管された契約書を探すのに時間がかかったりしていた。た全国の事業所と本社間で契約書の確認・押印・製本・送付を行っており、業務コストに課題があった。

 今後は、契約期間の期日を前もって知らせてくれる「リマインドメール機能」などを活用し、契約業務の効率化をさらに進めていくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]