ドン・キホーテのPPIHが小売向けPLMを導入--オリジナルブランド商品の企画・調達で業務効率化を加速

NO BUDGET

2023-02-28 15:02

 ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを展開するパンパシフィック・インターナショナル・ホールディングス(PPIH)は、オリジナルブランド商品の企画・調達の業務効率化を目的に、小売向け製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューション「Centric PLM」の導入を決定した。提供元のセントリックソフトウェアが2月28日に発表した。

 PPIHでは今後、商品計画、商品仕様、見積り、副資材および関連ドキュメント管理、企画および生産進ちょく、取引先までを一元管理する商品情報のプラットフォームをCentric PLMで構築する予定だ。

 PPIHグループは、総合ディスカウントストアのドン・キホーテをはじめ、スーパーマーケットの「アピタ・ピアゴ」など、複数の形態の小売店を運営し、国内では610店舗、海外では米国やアジア諸国・地域に105店舗を展開している。

 Centric PLMは、変化の激しい時代に対応するための販売計画、商品開発、調達、品質管理、商品ポートフォリオ最適化の機能を搭載している。タッチ操作に対応したデジタルボード「Centric Visual Boards」も利用できる。

 また、クラウドネイティブの拡張インテリジェンスソリューション「Centric Planning」では、小売と卸売のビジネスパフォーマンスを最大化するためのエンドツーエンドの販売プランニング機能を提供している。マーケットインサイトプラットフォーム「Centric Pricing」では、StyleSageが提供するAIを使ってデータに基づいた価格と品ぞろえに関する意思決定を可能にし、売上と利益の最大化をサポートする。

 PPIHグループでは、アパレル、家具、化粧品、食品、家電など、ドン・キホーテの取り扱うオリジナルブランド商品が多岐にわたり、従来の「Excel」ベースの商品管理では限界を感じていた。そこで商品計画の一元管理と企画、調達業務の効率化を推進するために今回の導入に至ったとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]