「dotData Cloud」の機能強化版をリリース--セキュリティ強化やフルマネージドなど

藤本和彦 (編集部)

2023-04-06 15:22

 米dotDataは4月6日、データ分析を自動化するソフトウェア「dotData Enterprise」のクラウド版「dotData Cloud」の機能強化版をリリースしたと発表した。今回のリリースから新たに「Starter」「Standard」「Private」の3つのバージョンが提供される。

 同社の創業者で最高経営責任者(CEO)の藤巻遼平氏は、今回の機能強化によって「お客さまに多くの選択肢を提供できるようになった」とコメントする。なお、各バージョンは、3月1日に発表された「dotData Enterprise 2.12」をベースとしている。

 dotData Cloud Starterは、セキュリティを最大限に高めるためにシングルテナント方式を採用している。ノーコードで人工知能や機械学習の開発全体を自動化するdotData Enterpriseのプラットフォームをフルマネージドサービスとして提供する。GUI操作のみでビジネスの生データから特徴量の自動設計や機械学習自動化による予測モデルの全ての機能を活用できるなど、AI開発を始めたばかりの企業でもすぐに利用できる環境を用意する。

 dotData Cloud Standardは、企業ユーザーに向けてプライベート接続を中心とした、より強固なセキュリティオプションを提供する。監査ログや保守/更新スケジュールのカスタマイズといった対応強化も図っている。また、計算リソースの拡張オプションも利用可能で、大規模データを処理する際のパフォーマンスを最適化できる。

 dotData Cloud Privateは、セキュリティ基準としてベンダーのクラウド環境にデータを保存できない企業を対象とし、dotData Cloudをユーザーが管理するクラウド環境に展開する。自社の環境でデータを保護しながら、dotData Cloudのアーキテクチャーとベストプラクティスを最大限に活用できるとしている。dotDataがインストールや運用をフルマネージドで提供し、全ての管理、保守を担う。今回のリリースでは「Amazon Web Services(AWS)」に対応しており、「Microsoft Azure」への対応も近日中に行う予定としている。

 国内展開については、販売代理店のNECが4月中に販売を開始する予定となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]